ここから本文です

10代の甘酸っぱい恋愛、20代の恋と愛の違いを知った恋愛、30代のビターな恋愛。それでは40代からの恋愛はどのような展開が待ち構えているのでしょうか。来るべき40代に備えて、知っておいて損はないはず。40歳からの恋愛マナーについて考えてみます。

サムネイル

■40代の出会い方
「合コンという人工的な出会い方には全くトキめかなくなった」(41歳/男性)

「長年の友人関係から、知らぬ間に恋愛関係へと発展しました。周りにはなかなか言えませんが......」(40歳/女性)

「最近は、婚活中の30代女性がもっぱらのターゲット。ターゲットさえ絞り込めば、40代でもモテキはやってくる」(43歳/男性)

40代になると、別の角度から新たな意識で恋愛に挑む必要がありそうです。

■40代の告白
「若いころのように、あえて告白しなくてもOKかどうか暗黙の了解を感じる」(45歳/男性)

「会社で気になっていた年下の男性からご飯に誘われた。帰りの途中、ベンチに促されて告白されました。うれしかった反面、子どもっぽさが目立ってなんだか気分が盛り上がり切らない自分がいた」(42歳/女性)

酸いも甘いも噛(か)み分けた40代に、試合開始のホイッスルは不要。40代になると、恋愛は日常と限りなくシームレスになっていくようです。

■40代のデート
「デートに誘うぐらいなら、旅行に誘ってしまう」(43歳/男性)

「デート用の女性は何人もキープしておく。映画ならA子、焼肉ならB子......。デートを本当に楽しむなら適材適所で起用したほうがいい」(42歳/男性)

「どんなアミューズメント施設で遊ぶよりも、圧倒的に食事が楽しみ」(40歳/女性)

食事ならファストフード、行き先はできるだけお金のかからない所......という10代のころのデートとは雲泥の差です。

■40代の別れ方
「決して円満ではないが、話し合って別れを選択する。涙が全く出なかったことに、むしろ泣きたくなった」(42歳/女性)

「恋人から一方的に別れを告げられて終焉(しゅうえん)。追いかけて説得する気も起きなかった」(46歳/男性)

「同い年の彼女と付き合っていたが、彼女の母親が倒れて実家に帰ってしまい自然消滅。不可抗力な別れだった」(41歳/男性)

恋人同士が別れる理由は千差万別ですが、40代になると別れへの諦めに対して、決断の早さが伺えます。


40代の恋愛とは、少ないエネルギーでいかに出会い、いかに楽しみ、いかに持続させるかが、全体的なテーマのような気がします。傘も差さずにずぶ濡(ぬ)れのまま、駅前であなたを待っていたあの男の子も、きっといつかそうなります。今の内にしかできない恋愛を楽しみ、40代になれば40代の恋愛を楽しみたいですね。

(フルタジュン@劇団フルタ丸+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ