ここから本文です

「結婚」という言葉を聞くと、夢あふれるものやロマンチックなものを想像してしまう人も多いのでは? でも、実際の結婚の決め手はもっと現実的なものなのかも......。そこで、結婚しようと思った理由を既婚女性に聞いてみました。

サムネイル

■条件で選んだけど......
「最初は正直『条件』。職業、顔も許容範囲、明るそう、これだけでとりあえず結婚は考えず付き合ってみたのですが、私の実家に連れて行ったとき、私の母から『結婚するの?』って問い詰められていて、彼が『考えています。結婚前提に付き合っています』って言っているのを遠くから聞いていて『あー、私、この人と結婚するんだー』と思ったと同時に、それが嫌ではなくて、素直にうれしかったので」(32歳/サービス)

 母親の問いかけに真摯(しんし)に受け答えしてくれたのも好印象ですね。

■年齢的に
「決め手は自分の年齢と、とにかく早く子どもがほしかったから。それに、若いころの恋愛のような『好き好き!』みたいな時期はなかった代わりに、出会ったころから家族のような空気が流れる彼と一緒にいるのも悪くないなぁと感じて、結婚しました」(36歳/出版)

 結婚したいと思ったタイミングで「一緒にこれから生活してもいいかな?」と思う人が現れると、結婚の決め手になるみたい。

■安心感
「2人でダラダラしている時間も楽しく、飾らない姿も見せられる相手だと思ったため」(31歳/通信)

 油断した自分を見せられたり、ホッとするような安心感を得られたりする相手。生涯をともにする相手なら、そういう人がいいのかもしれませんね。

■キャラ的に
「モテないし、キラキラ系女子でもない私を熱心に口説いてくれた彼。しかも、身のまわりの面倒も見てくれるし、この人を逃したらもういないと思ったので」(29歳/情報技術(IT))

 もともと「チャンスが少ない!」と思っている場合に自分を気に入ってくれる人がいれば、結婚に結びつく可能性もある様子。それに加え、身のまわりの面倒を見てくれるというのも、一緒に住むことを考えてポイントが高かったようです。

■不思議とつらいことが乗り切れそうだと思ったので
「付き合いはじめてわりとすぐに、『この人なら、しんどいことがあっても一緒に楽しく子どもを育てていきたいなぁ』と思えたから。そんなことを考えられたのは、今までで初めてだったので。しかも『この人の子どもがほしい!』といった感情的なものではなく、子育てのしんどいことや嫌なことを、この人となら切り抜けて楽しく前向きにやっていけそうだな、という現実的な感覚でした」(33歳/広告)

 将来を考えたときに前向きな気持ちになれたのなら、きっと価値観が合う相手だったんでしょうね。


多くの人は、少女マンガのような「ドラマチックな恋愛をした相手」とのゴールインではなく、意外と現実なポイントで結婚相手を決めているようです。「なかなか結婚に近づけない......」という人は、その点を見直してみるのもいいのかもしれません。

(三浦純子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ