ここから本文です

中二病や高二病といった言葉が注目される昨今。しかし、学生時代を振り返ってみると、若さゆえにさまざまな失敗を犯してしまったという人も少なくないのでは? 今回は"恋愛"にまつわる学生時代の「黒歴史」について聞きました。

サムネイル

■バレンタインは黒歴史を生むイベント?
「好きだった男友達に『バレンタインにチョコちょうだい』と言われ、2月15日に『安くなってたから......』と言って渡した。それでも好きなことがバレて嫌われるのが怖かったから、他の男友達にも同じものをあげた」(30歳/女性)

「好きな人にチョコを思い切って渡せたのに、恥ずかしくなって次の日から無視してしまった」(28歳/女性)

「手作りチョコを用意したものの渡すのが恥ずかしかったので、放課後誰もいない教室で一人でそれを食べていた。すると、おせっかいな友達が好きな人を呼び出してくれたため、結局食べかけのチョコを渡すはめになった」(31歳/女性)

 バレンタインにまつわる黒歴史を語る女子が多いのに驚きました。チョコを渡す段階になると強烈に恥ずかしくなるせいで、とんでもない行動に出てしまったと後悔している人は多いようです。

■ケータイがない時代だからこその黒歴史
「大好きな女の子に『好きだ』と書きまくった年賀状を送ったら『家族にも読まれたし、ドン引きだわ』と言われた」(35歳/男性)

「数ページにわたり当時好きだったA君について書いていた交換日記を、あろうことかA君に見られてしまい、気持ち悪がられてしまった」(32歳/女性)

 ケータイで簡単にコミュニケーションがとれる、今の学生にとっては考えられない失敗かも。

■ストーカーギリギリ?
「修学旅行の写真購入。好きな人が写っている写真をたくさん買っていつも持ち歩いていた」(34歳/女性)

「好きな人に気づかれないように、毎日のように後をつけて下校した」(35歳/男性)

「体育のときに脱いだ好きな人の制服を、誰も見てないところでこっそり着たことがある。本当に反省しています」(32歳/男性)

 一歩間違えるとストーカーだと訴えられかねない行動です......。

■嫉妬深さが生んだ黒歴史
「友達と『お互いの好きな人としゃべったら無視する』というルールを作ったが、友達の好きな人と偶然同じ委員会に入ってしまいどうしても話さざるを得なかったため、一時期友達に無視され続けた」(33歳/女性)

「同じ人が好きだという人に『負けません』と果たし状を渡した」(30歳/女性)

 好きな人を独占したいという思いが黒歴史につながったよう。そんなことをしたら、振り向いてもらえないんですけどね......。

■焦ったがゆえの黒歴史
「高校生のときのこと。『彼氏が欲しい』という私にクラスメートが別のクラスの男の子を紹介してくれた。しかし、全然タイプでもなく一度も話したこともないその人が、突然彼氏ヅラして馴れ馴れしくしてくることが気持ち悪くなって、3日で別れた」(29歳/女性)

 彼氏や彼女がいる人がものすごくうらやましく思えるのも学生時代ならでは。しかし、焦ったがゆえに失敗したという人も少なくないはずです。


思い出したくないような恥ずかしい恋愛の黒歴史。「今となってはいい思い出」と思えるようになったなら、大人になった証なのかもしれませんね。

(大井あゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ