ここから本文です

もうすぐ忘年会シーズン。一年を締めくくろうと、会社や友だち、とにかく飲み会が増える季節ですね。飲み会を盛り上げるためには、お店選びや楽しい余興を考えるなど、準備も大切。そんなときに役立つのがスマホアプリです。
そこで、アプリ事情に詳しいiPhone女子部部長の小林奈巳さんに忘年会シーズンにおすすめのアプリについて伺いました。

サムネイル

■まずはお店選びにこだわりたい!

ぐるなび(Android&iPhone対応)
 機能:『スーらく幹事』

「『ぐるなび』自体は定番アプリですが、こちらの『スーらく幹事』という機能がおすすめ。希望条件を送信すると、条件に合ったお店からメールが届くので、そのなかから気に入ったお店に予約すればOKです。しかも、ユニークな条件を提出することも可能。中には『シャンパンタワーをしたい!』、『ビールかけをしたい!』という要望に応えてくれるお店もありましたよ」

 条件次第でユニークなお店が紹介される可能性もあり、幹事を任されたら一度試してみる価値があるかも!?

TeePee Guide - Japan Dining & Travel(iPhoneのみ対応)

「テレビや雑誌で取り上げられたお店を紹介してくれるアプリです。"この飲み会は失敗できない!"というときの強い味方です。」

 メディアに取り上げられたお店なら「おいしいお店かも」と安心する人は多いですよね。「今年の忘年会は雑誌で取り上げられた有名店ですよ」と言えば、もしかすると参加者も増えるかも?

■場をとにかく盛り上げたい!

おしぼりart by おしぼり王子(iPhoneのみ対応)
おしぼり・ナプキン・おてもとアート! 合コン飲み会でモテモテ!(Androidのみ対応)
箸袋アート(iPhoneのみ対応)
箸置きアート(Androidのみ対応)

「おしぼりや箸袋などで簡単な工作をレクチャーしてくれるアプリです。こういう工作系のものは場を盛り上げるのにいいかもしれません」

 手元にあるものでササッと何かを作ったら、「どうやって作るの?」なんて具合に、会話が弾むきっかけにもなるかも。

席替えモジャモ(iPhoneのみ対応)

「場の雰囲気を変えたいときには席替えも有効です。そんなときに、おすすめのアプリがコレ。今いる席の場所と名前を入力すると、自動的に席をシャッフルしてくれます」

 アプリで席を決めれば、不公平感もありません。合コンだけでなく、飲み会のマンネリした空気を変えたいときにも使えそうです。

BeautyPlus --プリクラ並みに盛れる神カメラ! 盛り写メを撮ろう!(Android&iPhone対応)

「特に女子会のときにおすすめなのがこのアプリ。できればキレイな顔で写りたい! という女子の願いをかなえてくれるカメラアプリです。読者モデルなどもよく使っているそうですよ」

 会の最後はみんなで記念撮影。写真チェックに厳しい女子がいる場合は、このアプリを活用してみるのも手かもしれません。


■終電を逃したら......

全国タクシー配車(Android&iPhone対応)
日本交通タクシー配車(Android&iPhone対応)
タクシー東京無線(Android&iPhone対応)

「終電を逃してタクシーを捕まえたいときに便利な、タクシーを呼べるアプリです。タクシー関連はこの3つが鉄板です」

 忘年会シーズンはなかなかタクシーがつかまらないことも。この3つのアプリは入れておいたほうがよさそうです。

今日の寝床 -今すぐ探せる今日泊まれるお得なホテル-(Android&iPhone対応)

「今日泊まれるホテルをすぐに調べられるアプリです。タクシーで帰れる距離ではない人にもおすすめです」

 地図情報から周囲のリーズナブルなホテルを探してくれるアプリ。値段を一覧で見られるため、お財布の中身と相談しながら今日の寝床を決められそうです。

帰れない言い訳(家族・恋人用)(Android&iPhone対応)

「帰りが遅くなったり、泊まる場合の家族や恋人への言い訳メールの定型文を教えてくれるアプリです。『軽い感じ』『とにかく平謝り』など、メールの雰囲気を選べるのがおもしろいし、定型文の内容がなかなか参考になるのでおすすめです」

 こちらは変わり種。言い訳を考えるのが苦手な人にはもってこいです。


幹事を引き受けると面倒に感じてしまうものですが、これらのアプリがあれば、楽しくこなせそうですね。スマホアプリをうまく活用して、この年末の忘年会を盛り上げましょう!

(三浦純子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ