ここから本文です

子どもの頃のおもちゃが出てきても、しばらく懐かしさに浸った後に「残しても仕方ないから......」と捨ててしまう方がほとんどのはず。でもちょっと待って。それ、もしかしたらマニアから見てとっても価値のあるお宝かもしれませんよ?

サムネイル

興味がない人にとってはガラクタでも、ある人にはお宝。「古いオモチャなんて本当に欲しいの?」と思うかもしれませんが、そうやって捨てられた品々を何万出してでも買いたいというファンは存在するのです。

高額買取りの対象となるオモチャを、「まんだらけ 中野店」の方に伺いました! 以下のものが押入れから出てきた際は、まず同店に連絡を(注:買取価格は取材当時のものです。商品の保管状態、買取時の相場により金額は変動します。)。

■美少女戦士セーラームーン「星空のオルゴール」※セーラームーンR版・ピンクメッキ(12万円)

サムネイル

ピンクの金メッキがゴージャスなオルゴール。丸みを帯びた星の形も、手のひらにのるサイズも何もかもがかわいい。タキシード仮面とセーラームーンの思い出の品という設定も乙女心をくすぐります。

セーラームーンは今でも人気が非常に高く、とくに変身アイテムは全体的に高額買い取りの対象となるものが多いそう。ほかにも、人気キャラ・セーラーウラヌスが使用する"セーラーウラヌス変身リップロッド"は、箱なし・イタミありの決して美品とはいえない状態のものでも8万4000円で販売されていました。

■タマゴラス「ジスンスン」(2万5000円)

サムネイル


タマゴが変形するオモチャ、"タマゴラス"シリーズのひとつ。初期は動物に変形していましたが、シリーズが進むにつれて、機械やウルトラマンならぬ"ウルトンマン"、モンスターなどもラインナップに加わりました。タマゴのコンセプトが置いてけぼりです。

基本的には数千円で買い取りされるタマゴラスですが、"キリン""ヒョウ""マミーラン"などいくつかの種類は万単位で取引きされます。なかでも画像中央の"ジスンスン"は2万5000円。変形玩具としては大ヒット商品だったので、集めていた人も多かったのでは?

■非正規キン消し「募集超人マンモスマン肌色」(30万円)

サムネイル

一世を風靡(ふうび)したキン肉マン消しゴム、通称・キン消し。あまりに人気だったので、版権をとっていないメーカーまで勝手に作って売りだしていました。そんな非正規品にも関わらず人気を集めているのが"募集超人"と呼ばれるシリーズ。正規品に比べて大きく厚みがあるのが特徴で、並べてみれば違いは一目瞭然。同じマンモスマンでも左の募集超人のほうがボリューム感、あるでしょう?

レア物すぎて画像がなかったので、写真のマンモスマンは緑ですが、肌色バージョンなら、30万円の値がつくとか! 

■キン消し「シルバーリキ」(40万円)

サムネイル

「これ誰?」と言いたくなるのは仕方ありません。だって原作の1コマに登場しただけのキャラなのですから......。しかし、そんなマイナー超人がキン消し界では伝説と化しています。

この"シルバーリキ"のキン消し、確かに市場に出回っていたはずなのですが、なぜか数がほとんど残っていない。「途中で流通がストップされたのか?」「テスト品として極少数しか生産されていなかったのでは?」とさまざまな憶測を呼んでいます。

コレクターの間では、「死ぬまでにひと目見られたら」というレベルの珍品。買取価格が40万円ということは、売値は一体いくらになることやら......。

■魔法の天使クリィミーマミ「クリィミーステッキ」(40万円)

サムネイル

魔法少女ものの中でも不動の人気を誇るのが「魔法の天使クリィミーマミ」。30周年を迎え、新アイテムなども発売されて、人気は廃れるどころか盛り上がりの一途。

主人公の森沢優がアイドル・クリィミーマミに変身するときに使うのがこの"クリィミーステッキ"。ブリスターパッケージ未開封のものは、なんと40万円で買い取りです!

「セーラームーン」「クリィミーマミ」だけでなく、魔法少女ものは高額買取りの対象となる商品が多いそう。人気があった魔法少女の変身アイテムなんかが出てきた日には少し期待してもいいかも?

今回お話を伺った「まんだらけ 中野店」は、中野ブロードウェイ内に売り場をいくつも持っています。店頭を回ってみましたが、「こんなのも売り物になるんだ!(失礼)」と驚いてしまう商品もチラホラ......。

例えば、"仮面ライダースナック"の1972年当時の「出荷用ダンボール」が2万1000円。大人買いに憧れた子どもにとっては、この大箱が憧れの品だったんでしょうか? またシール付きガム"ガムラツイスト"の「袋」だけでも5000円で販売されていました。

気になったのがコチラ。セーラームーンの"魚肉ソーセージ"未開封2100円。中のソーセージは一体どうなっているのやら......? 箱を振ってみると、干からびたような、カラコロ乾いた音がしました......。

サムネイル

人気タイトルのグッズなら、どんな些細(ささい)なものでも値がつく可能性は十分にあるそう。「こんなの欲しい人いないよね」と素人判断で処分するのでなく、とりあえず専門家に連絡するのが一番のようです。


宝探しと思えば、片付けもはかどる!? 大掃除がてら、"発掘"に精を出してみてはいかがでしょうか?

【店舗情報】
■まんだらけ 中野店
店舗公式サイト>>
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイビル 1F~4F
電話番号:03-3228-0007
営業時間:12:00~20:00 (年中無休)

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ