ここから本文です

いざ新婚生活をスタートさせると、自分の妻とはいえ今まで知らなかった妻の意外な一面を垣間見る機会も増えるはず。なかには、その姿に「幻滅してしまった」ということもあるでしょう。
そこで既婚男性に「結婚してから幻滅した妻の姿」を調査。平日編と休日編に分けて紹介します!

サムネイル

既婚女性に聞く!「結婚して幻滅した夫の姿」は......>>

■平日の朝
「結婚して3カ月ほどたったら、朝のお弁当作りを露骨にめんどくさがり始めた。ちょっと切ない」(28歳)

「妻は朝が弱く、いつも時間に追われているため、毎朝とにかく機嫌が悪い。朝から気苦労する......」(31歳)

仕事前から妻の機嫌を気にするのは確かに大変ですね。せめて朝だけは気持ち良くスタートしたいところ。

■平日の日中~夕方
「毎日、お昼から14時くらいまでの間に『今日は何時に帰ってくる?』と聞かれる。申し訳ないが、そんな早いタイミングで帰る時間は分からない」(30歳)

「日中、家にいる嫁。時間はあるはずなのに、料理をせず自分が帰ってくるのを待っている。そして毎晩、私が料理をする」(29歳)

新婚の時期は何とか我慢できるかもしれませんが、日数がたってくるとなかなかきつそうですね......。

■平日の夜
「自分の仕事の話や愚痴を聞いてくれない。嫁がしゃべりたいことをひたすらしゃべっている」(28歳)

「嫁が仕事を辞めてから、平日家でダラダラし過ぎ。化粧はしないし、ルームウエアで過ごしているし」(30歳)

男性の方が家での服装にこだわっているケースもありますからね。妻からすると、面倒かもしれませんが......。

■休日の朝
「休みになると気が抜け過ぎ。誰にも会わないからと、パジャマ&ボサボサの髪のまま午後までいるのはやめてほしい」(32歳)

「休みの朝になって、突然『○○行こ!』と言うのがイヤ。もう少し計画的に予定を立ててくれればこちらも準備できるのに」(28歳)

休みの朝は貴重な時間ですからね。お互いの呼吸が合わないと、意外なストレスになりそうです。

■休日の日中~夕方
「妻が買い物や美容院などに行く際、行き先を告げずに出ていってしまう。妻がいつ帰ってくるかわからないし、少し疑心暗鬼になる」(26歳)

「休みに妻が掃除をするのだけど、その最中に何度も『邪魔! どいて!』と怒られるのがつらい」(30歳)

妻が掃除しているときに「どうしていればいいか分からない」と悩む夫。手伝ったら「余計なことしないで!」なんて言われるかもしれませんしね。

■休日の夜
「嫁が寝させてくれない。一人ベッドに行くと、付いてきてちょっかいを出される。休日は夜更かししたいらしい」(32歳)

「結婚前は、自分だけ休みの夜に外出していると『電話しろ』と言われたが、結婚してからはまったく追及してこない。結婚してしまえば、もうどうでもいいのだろうか」(30歳)

妻のベタベタを嫌がる夫と、干渉しない妻に落ち込む夫。両極端なこのコメントが、結婚生活の難しさを物語っているのかも。


男性の中には、理想の「奥さま像」を描いている人も多いもの。だからこそ、ちょっとしたことで幻滅してしまうのかもしれません。しかも男性の場合は、人によって幻滅のポイントが大きく異なるから難しいところです。女性の方々は、ストレスがたまらない程度に夫の理想をくんでいただけると、男性としてはうれしい限りです。

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ