ここから本文です

冷えた体を温める冬の定番料理と言えば「鍋」。しかし鍋といっても、「ちゃんこ鍋」や「カレー鍋」など、さまざまな種類があります。今回は20~30代の男女に「好きな鍋の味つけ」をきいてみました。

サムネイル

■男女ともに人気なのは「キムチ鍋」
「ハフハフ言いながら食べるのが好き」(30歳/女性)

「体のなかから温まるから」(25歳/男性)

「汗をかくのでダイエット効果があるから」(27歳/女性)

キムチ鍋は唐辛子に含まれるカプサイシンの効果もあり、体のなかから温めてくれるということで男女ともに人気を集めました。人によって辛さの好みに差が出そうですが、「鍋自体はあまり辛くせず、別皿にしたキムチをそれぞれ自分の器に入れる」(27歳/女性)というスタイルをとることで、互いがストレスなく食べられるようにしている人もいました。

■女子に人気? おいしいだけじゃない一石二鳥の鍋
「お肌にいいので豆乳鍋をよく食べます」(27歳/女性)

「トマト鍋。シメをチーズ入りトマトリゾットにすると、味がガラッと変わるので」(30歳/女性)

「すきやき。シメのうどんを食べた後は、卵でとじて翌日の朝食にすき焼き丼にできるので」(27歳/女性)

女性の中で一番人気のキムチ鍋に続いたのは、ここ数年で定番の地位を確立した「豆乳」と「トマト」。「美容にいい」「シメはシメで違う料理として楽しめる」「翌日も楽しめる」という一石二鳥な鍋が人気のようです。

■男性の1番人気は「水炊き」
「素材の味を味わえるのがいい」(31歳/男性)

「好きな鶏肉を1番おいしく感じられる」(31歳/男性)

「それぞれが好きなタレを選べるので、大人数で食べるときにぴったりです」(24歳/男性)

女性からは全く挙がらなかった「水炊き」。理由のほとんどは「素材の味が楽しめる」というものでした。水炊きに続く「塩」「醤油(しょうゆ)」を好きな理由もまったく同じ。シンプルな料理なだけに、素材の味を大切にするという男性独特のこだわりが感じられました。
また、つけだれで楽しむという意見の中には「ポン酢にゆずこしょう」「胡麻ダレ」など定番のほか、「ショウガ醤油(しょうゆ)」という渋いものもありました。


「同じ鍋をつつく」ことは、冬ならではのコミュニケーション。男女の好みを知っておくことで、鍋をさらに楽しめるかもしれませんね。

(夏まつり+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ