ここから本文です

「できることなら理想の彼氏とお付き合いしたい」。しかし、全ての条件を兼ね備えた人はなかなか見つからないですよね。そんなときにぴったりなのが、最近話題の女性向け恋愛ゲーム、通称"乙女ゲーム"。
大勢のキャラクターのなかから自分好みの彼を選んで恋愛できるものや逆ハーレムを楽しめるものまでたくさんあります。今回はそのなかから、シチュエーション別人気ゲームをご紹介します。

■明治時代にタイムスリップ!「明治東京恋伽」

サムネイル
「明治東京恋伽」公式サイト>>
[対応]docomo,au,Softbank 携帯配信形式 ※スマートフォン非対応
[価格]月額315円(税込)~

たまたま立ち寄った縁日のマジックショーで、マジシャンに誤って消されてしまったあなた。気がつくと、明治時代にタイムスリップしていました。森鴎外、小泉八雲、泉鏡花などの有名な明治時代の偉人たちと知り合い、助けられたり、恋に落ちたり......というストーリー。
充実したストーリーはもちろん、ゲームの中ではテレビアニメさながらの豪華映像が用意されています。各キャラクターには人気声優をそろえているので、楽しみがいのある作品となっています。

■あの大人気海外ドラマがゲームになった 「gossip girl(ゴシップガール)」

サムネイル
「gossip girl(ゴシップガール)」公式サイト>>
[対応]iPhone/Android/mixi/mobage/dゲーム
[価格]無料(一部有料)

パパと暮らすためにニューヨークにやってきたあなた。駅で拾った落とし物をきっかけに、同じ高校に通い、たまたま同じホテルに泊まるセリーナと知り合います。そこから一気にリッチな高校生たちと知り合い、セレブな彼と恋に落ちる......というストーリー。
大人気の海外ドラマ「ゴシップガール」のセレブ気分が味わえるゲームです。自分のアバターを作ることができるので、よりゲームの世界観に入り込めるはず!

■危険な男性が好きなら断然これ!「キケンな恋の最前線 -特別警護課-」

サムネイル
「キケンな恋の最前線 -特別警護課-」公式サイト>>
[対応] iPhone/iPad/iPod touch/Android/iOS 5.0以降
[価格]無料(一部有料)

警視庁警備部特別警護課に赴任することになったSP(要人警護任務に専従する警察官)のあなた。正義感が強くドSな上司や、自分が守るべきマルタイ(護衛の対象になる人)との恋など、タイトル通りの「キケンな恋」が楽しめます。
あり得ない設定を存分に楽しめる同ゲーム。ストーリーを進めれば進めるほど、危ない恋から抜け出せなくなりそうです。

■誰もが一度は憧れる?「ダーリンは芸能人」

サムネイル
「ダーリンは芸能人」公式サイト>>
[対応] iPhone/ Android /iPad/ docomo,au,Softbank携帯配信
[価格]無料(一部有料)

あなたは売れない芸能人。自分より早く売れた後輩女優にはマネジャー扱いをされ、事務所は倒産し、路頭に迷いかけたそのとき。地方営業をきっかけに知り合った人からスカウトをされ、急にデビューが決まります。デビューしたあなたを待っていたのは、有名俳優やバンドマン、アイドルとの恋。
同ゲームの特徴の一つが、女性アイドルや女優らがライバルとして登場すること。他のゲームにない臨場感が楽しめるはずです。芸能界という憧れの世界を体験しながら恋愛も楽しめる、ドキドキとワクワクが詰まったゲームです。

■禁断の恋もゲームならアリ!?「今夜アナタと眠りたい」

サムネイル
「今夜アナタと眠りたい」公式サイト>>
[対応] iPhone/Android OS4.1以降端末/ docomo,au,Softbank携帯配信
[価格]無料(一部有料)、フィーチャーフォン版は情報料月額315円

一時、CMが話題となった不倫シミュレーションゲーム。お見合いで結婚した夫はあなたのことを愛してくれない。そんなとき同窓会で再会したのは昔の恋人で、しかもサッカー日本代表。さらには「お前を迎えに戻ってきた」と言われてしまう、というストーリー。
「不倫」という禁断の設定ですが、ゲームなら体験してみるのも悪くないかも?


昔の偉人や芸能人との恋など、普通じゃできない恋愛もゲームと割り切って楽しめば、なかなか面白いものです。数多くのキャラが登場する恋愛ゲームだと、きっと自分の理想の相手に出会えるはず。"三次元の彼"じゃないのが悲しいところですが、さみしさを埋める手助けはしてくれそうです。

(鈴木梢+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ