ここから本文です

「大人になったな」と感じる瞬間は人それぞれ。例えば子どものころにはできなかったことができるようになったときに「大人になったことを実感した」という人も多いのではないでしょうか。「大人になったな......」と思ったいろいろな瞬間について、社会人の皆さんに聞きました。

サムネイル

■社会的な義務や責任を感じたとき
「住民票の転出届を出したり、印鑑証明を作ったりするために役所に行ったとき」(30歳/女性)

「選挙で投票するとき」(23歳/女性)

「自分でマンションの賃貸借契約や携帯電話の契約をするとき」(25歳/男性)

 社会からも大人として認められたと実感できる瞬間ですね。

■大金を使ったとき
「マンガ全巻を一気に買うことができるようになったとき」(30歳/女性)

「自分の車を買ったとき」(24歳/男性)

「マイホーム購入のために住宅ローンを組んだとき」(35歳/男性)

 「大人買い」は文字通り大人ならでは。車や家など何百万、何千万の買い物ができるのも大人になった証ですね。

■食べられなかったものが食べられたとき
「小さいときに食べられなかったトマトが食べられるようになったとき」(25歳/男性)
「ウニのおいしさが分かったとき」(33歳/女性)

「苦手だった刺身がいつの間にか食べられるようになっていたとき」(30歳/女性)

 このほかにも「コーヒー」や「焼き魚」など、子どものころにはなかなか理解できなかった味が分かるようになると「大人になったなぁ......」と思う人も多いのでは?

■お酒のおいしさが分かったとき
「お風呂上がりに冷えたビールが飲みたくなるとき」(31歳/男性)

「クリスマスにシャンパンやスパークリングワインを飲むようになったとき」(28歳/女性)

「料理に合わせて何を飲むか考えている瞬間」(35歳/女性)

 お酒が飲めるようになったから、というだけではなく「お酒のたしなみ方が分かって初めて大人になったと思えた」という意見が多かったです。

■若い人との差を感じたとき
「平成生まれが入社して来たとき」(28歳/男性)

「テレビで活躍する俳優がほとんど年下だったとき」(32歳/女性)

「50メートル先のバス停まで走っただけで、息切れしたとき」(33歳/女性)

 「大人になったと感じるとき」=「年をとったと感じる」と答える人も。大人になるっていいことばかりじゃないのかも!?


大人になると楽しみが増える一方で、大人としての振る舞いも求められる上責任も大きくなります。それでも大人になったと実感できると、大きなステージに上がった気がするからやっぱりうれしいものですよね。

(大井あゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ