ここから本文です

今年もあとわずか。この1年もネットではさまざまな動画が話題となりました。そんな年の瀬に、YouTubeが1年間を動画で振り返る『YouTube Rewind チャンネル』の2013年版を公開しています。

 人気動画を振り返る年末恒例企画「YouTube Rewind」(Rewind=巻き戻し)。同企画では、2013年に最も多く再生された動画のトップ10を公開。
"世界の人気動画ランキング(音楽関連動画を除く)""世界の人気動画ランキング(音楽関連)"に加え、日本版では日本国内でのランキングも発表されています。

ランキング紹介>>
◆意外なアーティストがランクイン? 2013年MV国内 再生数1位は>>

 さらに、ランキングとは別に、60人以上のトップYouTubeクリエイターたちによって製作された動画「YouTube Rewind :What Does 2013 Say?」も公開されました。これは、YouTubeが、2013年に世界中で視聴されたYouTube動画や音楽を生み出したアーティストやクリエイターと一緒に新たに制作したもの。世界の"トップユーチューバー"たちが出演し、人気動画がさまざまな形でオマージュ、パロディ化されており、まさにこれを見れば今年の人気動画をすべて振り返ることができるといえるでしょう。

■【YouTube Rewind: What Does 2013 Say?】



 とはいえ、この動画の"元ネタ"となった人気動画を知らないという人も多いはず。そこで、この動画にも登場している2013年の人気動画を改めてランキングと共に見てみましょう。

◆1位  Ylvis The Fox (What Does the Fox Say?)



 2013年に全世界で最も多く再生された動画(公式音楽動画を除く)の1位となったのは、ノルウェーの芸人コンビ・Ylvis(イルヴィス)による「The Fox (What Does the Fox Say?)」でした。「犬はワンと鳴き、猫はニャーと鳴く。鳥はチュンチュン、ネズミはチュー。でもキツネはなんて鳴くんだろう?」という内容を、ひたすら歌い続けるミュージック・ビデオです。
 想像したキツネの泣き声をひたすら叫び続けるだけのサビが、なんともくだらなく、でも強烈にクセになるこの動画。とにかく一度見てください。「YouTube Rewind :What Does 2013 Say?」の中でも、この歌や、森の中でダンスするキツネの着ぐるみといったモチーフが随所に出てきます。
 それにしても......無駄にクオリティが高い!


◆2位  Harlem Shake (original army edition)



 昨年のPSY江南スタイルに続く社会現象となったのがこの「ハーレムシェイク」。意味のないダンスを数十秒間続けるというだけの、文字にしてしまえば身もフタもない内容なのですが、このフォーマットが受けに受け、このトランスミュージックに合わせ踊り狂う動画がものすごい勢いで拡散しました。


◆3位  How Animals Eat Their Food | MisterEpicMann



 3位は、「動物たちはどうやってものを食べるか」......これだけで嫌な予感が漂ってきますね。イギリス人コメディアンが、ひたすら動物の食べ方をマネするこの動画。"牛""ワニ"と、のっけからもうメチャクチャなんですが、"クジラ"なんてテーブルに体ごとダイブしています。なんか、真面目に解説してるのが馬鹿らしくなってきました。


◆4位  Miley Cyrus Wrecking Ball (Chatroulette Version)



※再生されない場合はコチラ>>

 女優で歌手のマイリー・サイラスのヒット曲「Wrecking Ball」に合わせ、あろうことか全裸のヒゲ男が歌うパロディービデオが4位にランクイン。"Wrecking Ball"とは、ビルの解体などに使う巨大な鉄球のこと。オリジナルのマイリー・サイラスのMVも、裸で鉄球にまたがる彼女の姿が衝撃的でしたが、こちらはヒゲ男が裸で鉄球にまたがっています。
 このビデオは、ランダムに選ばれた相手とビデオチャットを楽しむ"チャットルーレット"というサービスでの様子を編集したもの。ヒゲ男を見た視聴者のリアクションも一緒に収められていて、それもまた面白い。「YouTube Rewind :What Does 2013 Say?」でも鉄球が登場していますね。


 他の動画も含め全体的な傾向を見てみると、2013年はダンスの年だったと言えそうです。ランキング上位の動画も踊りが重要なモチーフになっているものが多く、ほかにも赤ちゃんがダンスするエビアンの動画などもランクインしています。

 また、音楽に合わせ意味のないことをする、あるいは意味のない言葉を歌うというのも、動画として拡散する要素。感想として「くだらないww」「わけがわからないww」と書き込まれるものが人気のようです。ほんとに、こんなのばっかりでしたね......。

 「YouTube Rewind :What Does 2013 Say?」の元ネタ、あなたはいくつわかりましたか?

(文/大木信景@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ