ここから本文です

街はすっかりクリスマスムード一色で少し焦ってしまう時期。意中の相手がいる人にとっては、一体どうしたらクリスマスぼっちを回避できる? 気になる異性との距離を縮めることができるスポットや方法をご紹介します。

サムネイル

■スクールに通う
意中の相手を何度も通う必要のある習いごとやイベントに誘えば、自然に定期的に会う習慣がつきます。例えば、「恋人と一緒に行ってみたい体験レッスンランキング」の上位にランキングされている「英会話教室」「陶芸」などもおすすめ。スクールによってはカリキュラムを自由に組むことができ、「2人+先生」が可能なことも。
ただし、「先生がイケメンor美女」という場合は、先生に意中の相手の心を奪われてしまう可能性もゼロではなさそうですが......。

■一緒に汗をかいて一体感を得る
アクティブな2人には、2人一緒に楽しめるスポーツがおすすめです。テニスや卓球、キャッチボールなどが主流ですが、球技が苦手な場合は自転車デートなんてどうでしょうか。
普通のレンタサイクルもいいですが、都内には2人乗り用のタンデム車をレンタルしているところもあります。皇居周辺の静かなエリアをタンデム車でサイクリングできるので、2人きりの時間を過ごせそう。軽く汗を流した後は、丸の内、銀座でのデートも楽しめますね。

■バッティング&ゴルフ練習所で教えながら親密になる
自分が経験者であり相手も興味があるなら、バッティングセンターやゴルフの打ちっ放し場もおすすめ。教えることで会話も弾むはずです。相手に「もう一度やりたい!」と思わせることができれば、次のデートの約束も取り付けやすいはず。「今度は○キロに挑戦」や「上達したらゴルフ場へ」など、目標を立てやすいのもいいですね。

■体験型アトラクションで距離を縮める
二人で共同作業をすれば、会話も弾むもの。例えば、「カップヌードルミュージアム」や「そば打ち体験」。オリジナルカップヌードルを作れたり、そば打ちを体験できたりするスポットです。2人で同じことをすれば、「そっちはどう?」なんて会話も弾みそう。


意中の相手との距離を縮めるにはさまざまな方法がありますが、相手もデートに応じている時点で恋愛対象であることに違いはありません。これらのデートスポットを駆使し「脈あり」に近づけ、ぜひクリスマスまでにカップルになってくださいね。

(たけむらわかば+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ