ここから本文です

冬は洋服で隠れている部分のボディケアがおろそかになりがち。でも、実は意外に男性はシビアにチェックしているようです。男性はどんなところに着目しているのかを聞きました。

サムネイル

■指毛やすね毛、脇などの毛関係すべて
「『服で隠れるからいいや』という気のゆるみが見えると幻滅。カバンのなかや部屋など、見えない場所も汚いのかなあと思ってしまう」(36歳/建築)

夏の間は数日おきに処理していたという人も、冬はつい手を抜いてしまうのでは。その腕や脚、見られていますよ!

■すね、腕、太ももの粉ふき
「乾燥して白くカサカサしているのを見るとびっくりする」(32歳/教育)

「タイツを脱がせたら、タイツの裏側が白っぽくなっていて驚いた。アカかなと思ってしまった」(24歳/広告)というショックな意見も。カミソリでむだ毛を処理したりタオルでゴシゴシこすったりすると、粉を吹いてしまう原因になってしまうことも。シアバターやボディクリーム、ベビーオイルを塗るのがオススメです。

■がさがさ皮がむけかけた唇
「会社の先輩女性の唇ががさがさして、皮がむけかけていた」(30歳/金融)

風が当たって乾燥したり、唇をなめるくせがあったりすると皮がむけやすくなります。また、メイクを落とすときにゴシゴシこするのも御法度。こまめにリップクリームを塗るよう心掛けたいですね。

■指先のささくれ、ガサガサのかかとや膝
「いい雰囲気のときに、何気なく触った彼女のかかとや膝がガサガサしていると、一気に現実に引き戻される」(43歳/IT)

「指先がささくれている女性を見ると、母親を思い出す。生活感がにじみ出過ぎていて、気になる」(38歳/サービス)なんて意見もありました。冬場は家事の後にお手入れをしないとすぐに手が荒れてしまいます。家事をする際、お湯を使えば大丈夫......と思ってしまいがちですが、お湯を使うことで手の脂質が流され、水を使うより手荒れが進むことも。なるべく低い温度のお湯を使い、こまめにクリームを塗るといいかもしれません。

■髪の毛の静電気
「会社で、女性のロングヘアが静電気で顔にまとわり付いていて、ちょっと気持ち悪かった」(31歳/通信)

髪が乾燥すると静電気が集まりやすくなります。トリートメントやリンスで保湿したり、静電気防止スプレーを利用したり、髪に椿(つばき)油を塗ったりする方法が一般的ですが、静電気を起こしやすい洋服を避けることで髪に静電気が集まりにくくすることもできます。ナイロンやポリエステル、アクリルは静電気を発生させやすい素材なので注意したいところです。


寒いし、服で隠れるからいいやと思っても、男性はそう思っていません。せめて好きな人に会うときは、気を引き締めて対策をしていきたいものですね。

(FelixSayaka+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ