ここから本文です

結婚する年齢について「何歳で結婚したい」と明確な目標を持っている人もいれば、「だいたい30前後で」などとアバウトに考えている人も多くいます。そこで今回は20~39歳までの男女300人に「それぞれが考える結婚適齢期とその理由」について聞いてみました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■若さに敵うものなし!?「20代前半が適齢期」
「23歳。収入が少なくても、若いから無理してでも乗り越えられる」(38歳/女性)

「21歳。子どもを産むためには若い方がいい」(26歳/男性)

「24歳。30歳近くになると惰性で結婚するような場面が多そうだから」(29歳/男性)

 若いうちに結婚すれば、主に体力面でメリットがありそう。しかし、20代前半が適齢期という意見は少数派でした。日本の初婚年齢が男性=30.5歳、女性=28.8歳(2010年内閣府統計)ということを考えると、結婚はまだ先と考える人も多いのかもしれませんね。

■20代後半は整い始める時期?「20代後半が適齢期」
「20代後半。若いうちの結婚は、おままごとみたいな感覚なので」(29歳/女性)

「27~30歳。仕事も落ち着いてきて、ワークライフバランスを考えやすい」(29歳/男性)

「29歳。子どもを何人か産むにはこの年齢だと思う」(38歳/女性)

 20代後半は「入社してから仕事も安定してくる時期」「精神的にも大人になり価値観が確立してくる時期」いう意見が多く、ようやく結婚に対して踏み切れる年代になると言えるのかもしれません。

■ボリュームゾーンはここ!「30代前半が適齢期」
「30歳。30代を迎えると、互いを思いやれるようになり結婚生活もうまくいくと思う」(39歳/女性)

「30歳。20代は自分自身にお金と時間をかける時期。さまざまな人と出会い、いろんな経験をしてから結婚すべき」(32歳/女性)

「30~35歳。妊娠のことを考えると年齢的にはリミットだが、会社のなかでは中堅になり、職場復帰しやすいから」(39歳/女性)

「30歳。収入的にも安定しているので、子どもが生まれても経済的に問題がない。住宅やマンション購入なども具体的に進めやすい年齢だと思う」(38歳/男性)

 男性も女性も最も多かったのが「30歳」という意見。20代で仕事や恋愛の経験を積み、30歳で結婚するのがベストという考えのよう。特に女性からは、妊娠・出産・育児・職場復帰を考えた上で「30代前半」という意見が多く寄せられました。

■遊び疲れた男性が多め?「30代後半が適齢期」
「35歳。遊ぶ体力が減退してくるから」(31歳/男性)

「37歳。仕事が安定し社会的にも金銭的にも余裕のある年齢だから」(36歳/男性)

「十分遊んで、満足するから。あと、40歳になって結婚していないと周囲からの目が痛くなる」(36歳/男性)

 特に30代の男性に多かったのがこの意見です。30代後半を迎えると、金銭的にも精神的にも余裕ができることで結婚できるという自信が生まれるといったコメントが多数見られました。


お互いへの愛情だけでは、幸せな結婚生活は送れないもの。ただ勢いにまかせて結婚するのではなく、精神面や金銭面、健康面などを十分考慮して結婚するタイミングを考えたいですね。

(大井あゆみ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年11月19日~11月20日
対象:全国の20~39歳までの男女有職者300人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ