ここから本文です

古来より八百万の神がいると言われる日本。そのため、全国各地にさまざまな神社があります。毎年特にこだわりなく同じ神社に参拝しているという人は、2014年は趣向を変え、違う神社に参拝してみるものいいかもしれません。
今回は全国にある"おもしろ神社"をご紹介します。

■京都府京都市『御髪神社』
住所:京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
アクセス>>嵯峨野観光鉄道トロッコ嵐山駅下車すぐ
ホームページはコチラ>>

サムネイル

※この画像は「御髪神社」ホームページのキャプチャーです。


日本で唯一の「髪」の神社です。日本で初めての髪結職になったと言われる藤原采女亮政之(ふじわらのうねめのすけまさゆき)公がまつられています。参拝者は理美容業の方や髪の悩みを持つ方が多いそうで、つげ櫛(くし)のかたちをした絵馬には髪に関するお願いごとを書くこともできます。
同神社には「髪塚」と呼ばれるものがあり、参拝者は神職の方に切っていただいた髪の毛を献納することで、髪に関するご利益を得ることができるのだとか。薄毛に悩む人は、クリニックに相談に行く前に立ち寄ってみると、いい担当医に巡り合えるかもしれません。

■京都府京都市『安井金比羅宮』
住所:京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
アクセス>>京都市バス東山安井停留所下車西へすぐ
ホームページはコチラ>>

悪い縁を断ち切り、良縁を結んでくれる「縁切り」神社です。崇徳天皇と大物主神がまつられています。崇徳天皇はすべての欲を断ち切り、讃岐の金刀比羅宮にこもったと言われています。このことから断ち切りを願う神社となったそう。
境内には「縁切り縁結び碑」と呼ばれる大きな石があり、人がくぐれる大きさの穴が開いています。表から裏へとくぐれば悪縁断ちができ、裏から表へとくぐれば良縁を結べるそうです。元彼とのズルズルした関係を断ち切りたい、不倫関係を解消したいという人はもちろん、たばこやギャンブルと手を切りたいという人にもぴったりです。

■大阪府泉佐野市『日根神社』
住所:大阪府泉佐野市日根野631-1
アクセス>>南海バス東上停留所からすぐ
ホームページはコチラ>>

サムネイル
※この画像は「日根神社」ホームページのキャプチャーです。


日本で唯一の、「枕と寝室」の神社です。村の娘たちが良縁や子授けを願いながら作った枕を奉納したことが始まりとされています。枕のお祓(はら)いも受け付けており、自身の愛用している枕を持参すれば快眠を祈願できるそう。ストレスや病気による不眠などに悩んだときは、枕のお祓いをしてもらうのもいいですね。

■佐賀県唐津市『宝当神社』
住所:佐賀県唐津市高島523
アクセス>>宝当桟橋から定期船で10分。城下渡し橋より海上タクシーも有り
ホームページはコチラ>>

サムネイル
※この画像は「宝当神社」ホームページのキャプチャーです。


「宝くじ」にご利益があると言われる神社で、もともと草野家という武家の家臣として働いていた野崎隠岐守綱吉命(のざきおきのかみつなよしのみこと)がまつられています。綱吉は島民を海賊から守り、その後この島は産業で栄えたと言われています。綱吉をまつった神社は島の宝として「宝当神社」と呼ばれ、その後「宝」が「当たる」という名称から、宝くじの当せんや開運を願う参拝者が多く訪れるようになったのだとか。宝くじを買った際には、ぜひ参拝したいですね。

■京都府京都市『松尾大社』
住所:京都府京都市西京区嵐山宮町3
アクセス>>阪急電車嵐山線松尾駅下車徒歩約3分
ホームページはコチラ>>

サムネイル
※この画像は「松尾大社」ホームページのキャプチャーです。


飛鳥時代に創建されたと言われている京都最古の神社。まつられているのは大山咋神(おおやまくいのかみ)です。この地域一帯を治めていた秦氏が信仰していた神様で、その秦氏が酒造で富を築いたことから「お酒にご利益がある神社」と言われるようになりました。酒造関係の方はもちろん、お酒による体調不良に悩んでいる方が参拝しているそう。参拝するだけで禁酒できるなら楽ですが、果たして効果は......?

■愛知県あま市『萱津神社』
住所:愛知県あま市上萱津車屋19
アクセス>>名鉄須ヶ口駅より南西へ徒歩15分
ホームページ:なし

日本で唯一の「漬物」の神社です。漬物の祖神である鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)がまつられています。村人が野菜と塩を供えたときに偶然お漬物ができ、長い時間味が変わらないその食べ物は万病を治す御守りとされていました。境内には「つけものミュージアム」があり、漬物に関する情報がたくさん紹介されています。日本の伝統食であるお漬物はここが発祥だったのですね。


こうしてみると、日本には実に多くの神様がいるんだとびっくりしてしまいます。2014年の初詣は、自分の願掛けの内容に合った神社に行ってみるのもよさそうです。

(神之れい+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ