ここから本文です

サムネイル
高級チョコレートメーカーのメリーチョコレートカムパニーが、バレンタインをテーマにした川柳「バレンタイン今どき川柳」を毎年募集。今年度は2万7000通以上の応募作が寄せられたそうですが、ついに1月6日、「第17回バレンタイン今どき川柳傑作選」100句が発表されました。

「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」と過去最多4語が選出された2013年の流行語大賞。"今どき"川柳をうたうだけあって、「バレンタイン今どき川柳」でもこれら世相を反映した言葉を使った句がたくさん受賞しています。バレンタインをめぐる悲喜こもごもを描写した、クスッと笑える作品の数々......。そのいくつかを紹介します。

■「本命の 招致成功 気合チョコ」

五輪招致にひっかけた作品。「招致成功」の堅い響きから、告白にかける強い覚悟が伝わるようです。恋愛成就の秘訣(ひけつ)は、温かな「お・も・て・な・し」の心にあるのかも?

■「義理チョコを 義理チョコらしく 渡される」

ほんの少しでも期待がもてる手渡しかたなら、義理チョコといえども幸せな気持ちに浸れるのに......! でも贈った側からしてみれば、期待させないのも優しさなのかもしれませんね。

■「オレだけど 母さん助けて チョコがゼロ」

母さん助けて詐欺をパロディにした悲壮感あふれる一句。この少年(?)はチョコをもらえない苦しさのあまり母親に助けを求めたわけですが、それって余計つらくなるような......。

■「チョコ配る 年増の極限 今でしょ?」

今でしょ!」を使った句には、思いを伝える勇気を奮い立たせるようなものが多かったのですが、こちらは一味違った使い方。作者は77歳の女性だそうです。「今でしょ!」の新発想? 見事なオリジナリティです!

■「倍返し しそうな人だけ チョコあげる」

「どうせ渡すなら......」という女子の本音!? この作者と、「倍返し したいがチョコが 来て呉れぬ」の作者が出会えることを祈ります。

■「アベノミクス これも効果か チョコ増えた」

アベノミクスの影響がこんなところにも。でも2015年は消費税増税でチョコ激減もありえそう! 世の男性たちのためにも早い景気回復が期待されます。

■「シェアハウス チョコも山分け する掟(おきて)」

チョコを囲んでわいわい楽しそうな風景が目に浮かぶようです。ただ女子としては複雑に感じるこのルール。本命っぽいチョコはシェアしないで~。

なお、優秀作は、
「裏はない おもてなしです 妻のチョコ」
「配り終え じぇじぇじぇ夫の チョコ忘れ」
「義理チョコも アベノミクスで 単価上げ」
など10句。
入選作100名、優秀作10名にはそれぞれメリーチョコレートカムパニーから豪華賞品がバレンタインデー直前にプレゼントされるそうです。


2014年のバレンタインデーも、もう間もなく。「じぇじぇ!」と喜びの声をあげさせるサプライズや、ハートを射止める「お・も・て・な・し」のアイデアなど、ライバルと差をつけるなら「今でしょ」!

(文/原田美紗@HEW )

参照元:「バレンタイン今どき川柳募集」の第17回入選作 一覧

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ