ここから本文です

異性の嫌なところに対して「まぁいっか」「好きだから目をつぶろう」と、なんとか許せるボーダーラインを超えて、「生理的に無理!」と完全にシャットアウトしたくなることもありますよね。マナーやふるまいなどさまざまな要素がありますが、それ以前の問題でもある「生理的に無理な男性の見た目」とは何か、女性の皆さんにリサーチしました。

サムネイル

■汚れたメガネ
「メガネに指紋や汚れがついたままかけ続けている人。視界に汚いものが入っているのに、何の疑問も抱かないのが信じられない!」(27歳/商社)

 メガネを拭くなんて数秒でできること。その一手間を怠るという人間性をあらわしているのかもしれません。

■ワイシャツが管理されていない
「ワイシャツの襟や袖が黄ばんで汚れている人。キレイに洗ってアイロンをかけるのは、社会人男性として最低限のマナーだと思う」(25歳/広告)

 家事ができないひとり暮らし男性は、ぜひクリーニング店を活用して!

■フケ
「スーツの肩にフケが落ちている人。髪にからまっているのも気持ち悪いし、不潔でしかない。寝癖や薄毛とはわけが違う」(27歳/金融)

 オジサンだけかと思いきや、意外と若い男性でも見かける肩のフケ。シャンプーを変えるだけで改善されることも多いので、気になる方は薬用シャンプーなどを使用するといいかもしれません。

■だらしない体形
「筋肉が全く感じられない、ゆるみきった体形の男性。自分に甘そうだし、人としてだらしない部分がある証拠だと思う」(26歳/印刷)

 ビール腹の男性は要注意。「だらしない人だ」と思われている可能性もありそうです。

■ニキビ
「ニキビがたくさんできても放置していて、ガリガリと爪でひっかいたりする男性。『シーツが不潔なのかも』とか『ろくなもの食べてないのかな』とか連想してしまう」(32歳/IT)

 体質やストレスなども関係あるとはいえ、生活環境や食生活が如実にあらわれてしまうことも。ニキビケア用品はたくさん出ているので、できてしまったらきちんとケアしたいですね。

■爪がのびている
「爪がのびきっている人。そういう人って、女子みたいにネイルケアをしているわけでもないから、汚れがたまって茶色くなっているなど、不潔な印象。男性は深爪くらいがいいと思います」(25歳/音楽関係)

 筆者は小指の爪だけ伸ばしている男性に理由を聞いたところ「鼻をほじる用」と言われたことがあります。いろんな意味で「ないな」と思いました。


不潔な印象をあたえる見た目問題、少しの努力で改善できるものも多いはずです。見た目だけで「絶対に無理!」と人間関係を狭めるのもなんだか残念な話。身近で話しやすい人には直接注意するなどしていきましょう。そして人に言うばかりでなく、自分の身だしなみチェックも忘れずにいたいですね。

(鈴木夏希+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ