ここから本文です

昨年はパンケーキが空前絶後の大ブームに。次々と海外の有名店が日本に上陸し、あちこちに大行列ができました。いまだ吹き荒れるパンケーキ旋風ですが、その裏で着々とファンを増やすポスト・パンケーキ候補のスイーツがあるとか......?

2014年は粉モノスイーツ戦国時代!? ブレイクが予想される、チェック必須なスイーツを紹介します。

■スタンダードの強さ!「パイ」

サムネイル

「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE AOYAMA」のアップルパイ「イングランドカスタード」
「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE AOYAMA」公式サイト


具材によって、おやつにもご飯にもなるのがパイの魅力。もともとスイーツのスタンダードでしたが、ここに来て勢いを増しています。

パイといえばニューヨーク発の「Bubby's」(バビーズ)が有名ですが、通の間で知られていたのが東京・世田谷の「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」(グラニースミスアップルパイ&コーヒー)。同店はテイクアウト専門店でありながら行列ができるという人気店です。そして昨年10月、ついにイートインができる「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE AOYAMA」(グラニースミスアップルパイ&コーヒー青山店)が東京・南青山にオープン。大きく話題になりました。

■見た目のかわいさならNo.1!「カップケーキ」

サムネイル
「MAGNOLIA BAKERY」(NY)のカップケーキ一例
「MAGNOLIA BAKERY」(NY)公式サイト ※日本版サイトは準備中)


なんといっても見た目がかわいい。淡いパステルカラーのクリームがそっとかぶさったヴィジュアルに「本当に食べられるの? オモチャじゃないの?」なんて一瞬疑ってしまったり......。テーブルの上で、華やかな存在感を放ってくれます。

米ドラマ「SEX AND THE CITY」(セックス・アンド・ザ・シティ)に登場してブレイクした「MAGNOLIA BAKERY」(マグノリアベーカリー)のカップケーキ。いよいよ今春、東京・表参道に上陸します。これをきっかけに、カップケーキをはじめとした見た目もかわいいスイーツの人気が出そうです。

■オーソドックスも変わり種も......「フレンチトースト」

サムネイル
「サラベス」の「フラッフィーフレンチトースト」
「サラベス」公式サイト


雑誌「CanCam」2013年2月号でも特集が組まれ、着実に注目を集めているのがフレンチトースト。「パンと卵、牛乳で勝負!」のオーソドックスなものに限らず、クリームやフルーツと合わせたりとアレンジはさまざま。

実はパンケーキの人気店「サラベス」は、フレンチトーストだって人気。また、昨年10月にオープンした東京・中目黒の「La Provence cafe」(ラ・プロヴァンスカフェ) はマフィンで出来た「フレンチマフィントースト」が名物。むちっとした食感がたまらない!

―朝食ブームが粉モノスイーツに追い風?

粉モノスイーツの特徴は、なんといっても"おなかにたまる"こと。腹持ちが良いので、スイーツでありながらご飯代わりにすることも可能。さらにこの頃はモーニングメニューに力を注ぐお店が増え、朝食への関心が高まっています。おやつに1000円出すのは少し気が引けますが、食事に1000円ならまぁ普通。小麦粉の価格高騰の中でも粉モノスイーツが好調なワケは、この辺りにありそうです。ということは、朝食の定番メニューの仲間入りを果たせば大ブレイクも夢じゃない......?


一体どのスイーツが"ポスト・パンケーキ"の座を手に入れるのか。スイーツ好きは今のうちに、粉モノスイーツ要チェックですよ!

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ