ここから本文です

「百年の恋も冷める」という言葉がありますが、どんなにすてきな男性でも、意外な発言に思わず引いてしまう瞬間ってありますよね。女性が男性に対して「痛々しいな」と思う行動について聞きました。

サムネイル

■謎のモテ自慢
「『○○ちゃんとか、○○さん、俺のこと好きだったんだよね。彼女たちをフッたことを悪いと思ってるから、新しい恋できないよ......』と言っていた大学の先輩。かっこいいとでも思っているのでしょうか」(24歳/フリーター)

 「俺はモテる人間だぞ!」と見栄(みえ)を張りたかったのかもしれませんが、それを聞いたところでどう対応したら良いのかわからないですね......。

■昔のワル自慢
「上司がことあるごとに『昔はノーヘル(メット)で河川敷を走り回っていた』とか『高校生のころは歩いていたらみんな俺に頭を下げてきた』というワル自慢をする。絶対そんな人じゃないから痛々しい」(28歳/商社)

 こちらも見栄(みえ)を張りたいパターンですね。とりあえず「すごい」とでも言っておきましょう。

■勘違いすぎる発想
「取引先の30代後半の独身男性に、『この年で結婚できてないとか俺ヤバいよね』と自虐ネタを言われたので返答に困り、苦し紛れに『でも○○さんモテそうですよね』と言ったらデートに誘われた。こんな社交辞令が分からないから結婚できないんだと本気で思った」(28歳/広告)

 ポジティブなのはいいことですが、都合がいいように解釈しすぎると周囲がドン引きしてしまうことも。社交辞令だと気づいてほしいですね。

■学歴自慢
「合コンで地元が近いことが分かった男性に、もしかしたら共通の知り合いがいるかもと思い『大学はどこの出身ですか?』と聞くと、『まぁ一応○○大だけどね』と言ってきた。そこそこの偏差値で名の知れた大学だけど、『まぁ一応』って明らかに自慢......と失笑してしまった」(26歳/IT)

 無駄な一言で痛さが露呈してしまうことも。うっかり言わないよう気を付けましょう。

■なりふり構わない大食漢
「食事のとき、人が食べる分をまったく考えない男性。4人で4つの物を食べていても、自分が食べたければ4つすべて食べてしまう。大皿メニューや鍋などみんなで食べるメニューでも同じです。挙げ句の果てに、目を離した隙に私が食べるために頼んだものまで食べられていて......。周りもドン引きしていたのに気付かずに食べている姿が痛かったです」(22歳/学生)

 食べ物だけでなく、あらゆることを自分の欲望のままに進められてしまいそうで、将来がとても不安になります。


他にも「ナルシストすぎる男性」「小中学生のようないじめをいまだに続けている」などの意見も挙がりました。自分は大丈夫と思っていても、実は痛いと思われていることもありそう。気を付けたいですね。

(鈴木梢+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ