ここから本文です

二日酔いになった際の対策方法は人それぞれ。スポーツドリンクやしじみのおみそ汁を飲むなど、自分なりの対策方法があるという人もいるのではないでしょうか。でも、気持ちが悪くてもう何も飲みたくないと思うことも。そんなときに使える方法に「顔ヨガ」があると聞いて、専門家にお話を聞いてきました。

教えてくださったのは、先日『5年後も「若い」と言わせる顔ストレッチ SmileYoga』(株式会社アントレックス)を出版した、顔ヨガ・ヨガ講師の森初世さん。

サムネイル

顔ヨガとは、表情筋を動かすことで顔のストレッチをするというもの。舌を思いきり出したり目を大きく見開いたりし、普段あまり使っていなかった表情筋を活性化させる顔のヨガです。シワやたるみを目立たなくしたり血行を改善したりするために顔ヨガを取り入れている人もいますが、実は二日酔いにも効果的なのだとか。

■二日酔い対策になる「むくみすっきりヨガ」のやり方

朝起きてパンパンな自分の顔を見てびっくり......! そんなときに使いたい「むくみすっきりヨガ」。
舌を思いっきり出すことで内蔵の緊張をゆるめて代謝をアップできるそう。ではさっそくやり方を紹介しましょう。


<やり方>
1.呼吸をしながら、おでこにしわができないように注意して目を大きく見開き、目線を軽くあげます。おでこにしわができてしまう人は手で押さえます。

サムネイル

2.「ハ~」と音を出しつつ息を吐きながら、舌先をとがらせ、思いっきり舌に向けて伸ばします。目線はそのまま上にキープ。これを3回繰り返します。

サムネイル

3.さらに効果を高めるためには、腕を体の後ろで組み、胸を開いて行います。体の後ろで両肘をもつようにします。そしてそのまま2のポーズをとります。

サムネイル

■顔ヨガを行うときの注意点
顔だけでできるので手軽な顔ヨガですが、やるときの注意点が3つあります。
それは、
「思いっきりやること」
「呼吸をちゃんとすること」
「肌を潤わせてから行うこと」

また、洗顔後に化粧水を塗る前や日焼けをした直後の肌は乾燥しすぎているため、保湿クリームを塗った後やお風呂などで行うのがオススメです。


顔ヨガは、控えめにやっても意味がないそうです。少し恥ずかしい表情もありますが、やるときは誰にも見られていないか注意しながら、思いきりやりたいですね。これらの点を注意して、ぜひ二日酔いのときに顔ヨガをやってみてください。

【書籍情報】
サムネイル

書籍名:『5年後も「若い」と言わせる顔ストレッチ SmileYoga』
著書:森初世
出版年:2013年9月3日
価格:本体552円+税
書籍の情報>>
30秒で効く法令線アイロンヨガなど、多数のポーズが載っています。

取材協力=Lapure代表 フェイシャルヨガ/ヨガ講師 森初世
(FelixSayaka+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ