ここから本文です

悪いこととは分かりつつ、やむにやまれぬ理由でウソをついてしまったという経験は多くの人にあるはず。では、信頼し合っている恋人には?
恋人がいるorいたことのある20~30代の男女270人にアンケートを実施し、恋人にウソをついてしまった経験について聞いてみました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

Q.恋人にウソをついてしまった経験はありますか?
はい......67%(181人)
いいえ......33%(89人)

なんと、7割近い人が恋人にウソをついた経験があると回答! いったいどんなウソをついたのでしょうか。

■過去の異性関係
「経験人数を聞かれて実際より少なく答えた」(33歳・女性/大阪)

「これまでの経験人数。初めての人だったけれど過去にも経験があるとウソをつきました」(26歳・女性/愛知)

「過去の恋愛について」(39歳・男性/高知)

「交際人数」(28歳・女性/大阪)

 今の恋人により自分の印象を良くしたいがためについたウソ。過去を変えてしまいたいほど、現在の恋人に夢中ということでしょう。

■浮気や現在の異性関係
「浮気した際、していないとウソをついた」(26歳・男性/宮崎)

「男友達と二人で飲んだこと。女友達だとウソをついた」(29歳・女性/新潟)
「内緒で、他の異性と出かけた」(39歳・女性/神奈川)

「浮気相手と一緒にいたのに、実家に帰っていたとウソをついた」(35歳・男性/福岡)

 浮気系のウソ、カンの良いパートナーには見抜かれている可能性も......。

■お金
「貯金があるのに全くないと言った」(23歳・女性/青森)

「借金があること」(38歳・男性/神奈川)

「財産について」(39歳・男性/宮城)

「お金があるのにないと言った」(29歳・女性/福岡)

「収入」(33歳・男性/広島)

 金の切れ目が縁の切れ目と言うように、お金が原因でトラブルが起こることも多々あります。面倒なお金の話題は避けたいという思いからのウソですね。

■体形
「体重のサバをよんだ」(39歳・女性/埼玉)

「身長」(37歳・男性/群馬)

 身長や体重は、あまりにもサバを読むとすぐにウソだとバレそうです。

■予定や帰宅時間
「怒られるのが嫌だったので、実際に帰宅した時間より早い時間を報告した」(39歳・女性/兵庫)

「飲みに行ってるのに、仕事と報告」(31歳・男性/兵庫)

「今日は仕事で遅くなるといって、飲みに行ってしまったこと」(25歳・男性/埼玉)

 遅くまで飲み歩くことを良く思わない人もいるもの。正直に話したいところですが......無駄な心配をかけるより、ウソをついた方がいいと思ってしまうのかもしれません。


相手のことを思っての優しいウソもありますが、ウソがバレたときに相手が傷ついてしまうことも。恋人にウソをつくのは最低限にとどめておいた方が良さそうです。

(姫野ケイ+プレスラボ)
【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年12月9日~12月11日
対象:全国の20~39歳までの男女有職者270人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ