ここから本文です

品川駅内のバル「バル マルシェ コダマ」のモーニングビュッフェが話題です。生ハムをはじめベーコンやソーセージなどが、なんと600円で食べ放題というコストパフォーマンスの高さ。毎朝開店前から大行列だそう。この"生ハム食べ放題"のような少し変わったバイキングを紹介します。

■納豆 「納豆工房せんだい屋」

サムネイル



小粒、大粒、ひきわりくらいまでは思い浮かびますが、納豆って結構種類があるものなんですね......。「わかめ納豆」「ひじき納豆」「ごま納豆」なども含めて納豆8種が食べ放題。これはご飯が進む!
ちなみに店頭には珍しい"納豆自販機"も設置。こちらは20種類以上の品ぞろえだとか。

・池尻大橋店
住所:東京都世田谷区池尻3-20-3 柳盛堂ビル1F
公式サイト>>
※他店舗も展開(石和本店、下北沢店)


■駄菓子 「駄菓子バー」

サムネイル


チャージ代500円で、駄菓子が食べ放題。「うまい棒」「よっちゃん」のようなメジャーなものから、こんなの初めて見たよというものまで駄菓子は全部で100種以上。有料のドリンク・フードも「あんず棒サワー」「カラムーチョピザ」など駄菓子を使ったユニークなメニューが豊富で、飲み会が盛り上がること間違いなし!

・池袋店
住所:東京都豊島区西池袋1-24-9 江戸半第3ビル2F
公式サイト>>
※都内他店舗も展開(恵比寿店、人形町店、水天宮店)

■甘エビ 「シーフードダイニング留萌マルシェ」

サムネイル


口の中でとろける北海道・留萌の甘エビが食べ放題。甘エビは劣化が早いので世に流通しているのは冷凍モノがほとんどなのですが、ここでは空輸を利用して、透き通るほど新鮮な品を生で提供。プルップルの食感と上品な甘みは、言うなれば"海のゼリー"!? 甘エビへの価値観が変わるかも。

・秋葉原駅前店
住所:東京都千代田区外神田1-18-18 秋葉原駅前プラザビル5F
店舗詳細>>

■マツタケご飯 「赤坂松葉屋」

サムネイル


ランチタイムメニューの定食を頼めば、庶民のあこがれ・マツタケをたっぷり使った炊き込みご飯がオドロキの食べ放題!「日本人の食文化に根ざしたマツタケを多くの方に楽しんでいただきたい」とのことですが......。「本当にいいんですか!?」なんて、おかわりする手が震えそう......。おかずにマツタケクリームコロッケを選べば、マツタケづくしの超ぜいたくランチが実現。

・赤坂本店
住所:東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル1F
公式サイト>>

■クッキー 「クッキーバイキングカフェ」

サムネイル


「ステラおばさんのクッキー」でおなじみの焼き菓子メーカー「アントステラ」がクッキーバイキングをオープン。毎日15種類前後のクッキーが取りそろえられ、店内には香ばしい香りが漂っています。1ドリンク付き60分880円とバイキングにしては安価なので、カフェ代わりに気軽に立ち寄るのも◎。

・アントステラ Esola池袋店
住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋B1
店舗詳細>>
公式サイト>>

■明太子(めんたいこ) 「博多もつ鍋やまや」

サムネイル


「やまや」といえば、九州では名の知れた明太子(めんたいこ)ブランド。同ブランドが運営するレストラン「博多もつ鍋やまや」のランチタイムは、卓上のつぼの中に明太子(めんたいこ)がギッシリ。好きなだけ取ってご飯にのせて食べられるんです。もちろん白米だっておかわり自由。高菜のつぼも用意されていて、おかわりが止まらない~!

・東陽店
住所:東京都江東区東陽3-24-18 TOMビル 1F
公式サイト>>
他店舗も展開>>

■卵かけご飯 「Oh!Saka Barたまごん家」

サムネイル


平日ランチタイムは、皆大好き"たまごかけご飯"が食べ放題。専門店というだけあって、ただ白米に卵を割って食べるだけの投げやりなものではありません。ちょっと固めに炊いたお米に、ツヤツヤの黄身、甘口の特製醤油(しょうゆ)の完全な調和......なんともほっとする味わいです。

住所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX AKIBA-ICHI 3F
店舗詳細>>


食べ放題は、"いろんなものを少しずつ"から"一品特化主義"の時代へ。メニューのバリエーションは少ないけれど、専門店の自慢の食材が満喫できるというタイプが増えています。納豆、明太子(めんたいこ)、卵かけご飯......と紹介したものを振り返ってみると、とくにご飯に合うものがウケるのかしら?

"生ハム食べ放題"のヒットをきっかけに、ますます増えていきそうな一品特化型食べ放題。次はどんなお店が現れるのやら。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ