ここから本文です

もうすぐバレンタイン。義理でも本命でも、受け取ってもらうときにいいリアクションをしてくれると、今後の関係もうまくいきそうな気がしてうれしいですよね。でも、中には「こういう受け取り方されるのは......」といういや~な経験をした女子もいるはず。そこで、ちょっと引いたバレンタインの受け取り方を女子に聞いてみました。

サムネイル

■お返しあげなきゃいけない感
「会社の同僚にあげたら、『もらったらお返しあげなきゃいけなくなるじゃん』的な態度を取られた。最初から"お返しを期待している人"みたいな目で見られたのがショック」(31歳/電機)

 「ホワイトデーが面倒」と如実に態度に出ていると、来年はあげないでおこう......と思ってしまいそうです。

■本気じゃないから!
「義理チョコなのに照れながら受け取られると、こっちまで恥ずかしくなるので、やめてほしい」(37歳/IT)

 「義理なんだから空気読んで!」と声を大にして言いたいところですが、もしかしたら、わかりやすく「ブラックサンダー」など駄菓子をあげると、先方の照れ防止にはいいのかもしれません。

■素直になって
「うれしいのを必死で隠して平静を装っている」(31歳/電機)

 プレゼントしたんだから、素直に喜んでいいんです!

■アピールしてたくせに!
「昔働いていた部署のある男性社員が、1月下旬ぐらいから『チョコ待ってるよ』アピールをしてきてたので無視するのも失礼かと思い、あげた。そしたら『え、おれ本気にしちゃうよ!?』とみんながいる前で発言してきて、私が好意持ってるみたいな雰囲気になってしまった」(33歳/広告)

 自分がほしがってたくせに! こうやって自分の都合よく解釈する"勘違い男"には二度とあげたくなくなります。

■浮気を疑われた
「彼が好きなチョコケーキを作った。自宅に保存しておき、仕事帰りに自宅に取りに行って、彼の家に持って行く予定だったんですが、だいぶ時間が遅くなっちゃって、彼が家まで取りに来てくれることに。でもその理由が、私の手間を気遣ってではなく、『日付が変わる前に受け取らないと意味ないから』。さらに『本命チョコを家に隠しとくなんて、会社で彼氏がいることを隠して浮気でもしているのでは』と変な言いがかりをつけられ......。なんでこの人と付き合っていたのか、今となっては、わかりません」(30歳/IT)

 頑張って手作りしたのに、そんな言いがかりをつけられるなんて悲しいですね。


義理でも本命でもこんな受け取り方をされると、女子は「えっ......!?」と思ってしまうもの。ひとまずお返しのことは考えず、照れすぎず素直に喜んで受け取ってもらえると、女子としてはうれしいです!

(三浦純子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ