ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。2月9日の放送にはシャ乱Qのたいせいと元祖チャイドルの吉野紗香が登場しました。


サムネイル





★GYAO!にて"本編まるっと"無料配信中>>


■レコード大賞にも全身金色の衣装に黄金の仮面で登場のシャ乱Q・たいせい


たいせいの反省は、「最近では変装しすぎて誰だかわからなくなってしまったこと」。
シャ乱Qのキーボードを担当しているたいせいですが、この日は映画「ラストエンペラー」をイメージした中国人風の衣装。過去にもライブでアラブの石油王やドラキュラに扮していたほか、日本レコード大賞授賞式では全身金色の衣装に黄金の仮面という出で立ちで臨んだこともありました。最近ではライブでもテレビでも、"たいせい"とわかる姿をめったに見せなくなっています。


■素顔は......なんとあのお笑い芸人そっくり


有吉とのトークでは、普段もそんな変装しているのかとたいせいの日常に迫ります。そこで変装していないたいせいの写真が公開されたのですが、これがなんとお笑いコンビ・バイきんぐの小峠にそっくり。バカリズムには「素顔を隠したくなる」と同情されてしまったほど。


トーク中、有吉は「最近のシャ乱Qはおかしい」と指摘。「つんくさんは『有田焼プロデュース』、はたけさんは『料理』、まことさんは『自転車』だしねえ」に、バカリズムから「たいせいさんが一番普通かも」とフォローが入ります。さらにバカリズムの「どうせわからないくらい変装しているのだから、全然違う人がたいせいさんを名乗ったらいい」との提案には、たいせいもまんざらではなさそうでした。


■公式ブログで"そっくり素顔"公開


そんなたいせいへの禊(みそぎ)は、「素顔の写真をプロフィール写真にする」。なんと収録後、さっそく公式ブログのプロフィール写真を変更。"小峠モード"のたいせいの写真が掲載されています。


■吉野紗香が「毒舌キャラで嫌われた」過去を大告白


続いての"反省人"は、元祖チャイドルの吉野紗香。1994年に小学6年生でモデルデビューした吉野。チャイドルとして人気を博したのちは、10代で毒舌キャラを確立。トーク番組で「なんでこんな可愛くない娘が売れてるの?」などと発言し、各方面に物議をかもし、バッシングまで受けるハメに陥りました。


吉野の反省もこの毒舌キャラに関してのもの。「毒舌キャラが仇となり、周囲から嫌われてしまい、自分が何をしたいのか迷走してしまった」ことを反省すると登場しました。


番組では吉野の"迷走"をクローズアップ。29歳にしてグラビアDVDを発売、セクシーシーンを公開したり、エクササイズビデオ(ギャグあり)にボブ・サップと共演したりと、彼女のさまざまなチャレンジを振り返ります。しかし......どれも話題になりませんでした。


■4年ぶりのバラエティ出演、「とにかく嫌われたくない」と反省も......


実は吉野がバラエティ番組に出演するのは4年ぶり。毒舌キャラは彼女の気持ちの強さから出たものではなく、「面白いと言われる、会場が沸くから」(本人談)というサービス精神から出たものだったと告白。バッシングを受け、仕事も減ったという彼女、「とにかく嫌われたくない」という心からの叫びに、有吉も「久々に"反省会"している」と頷きます。


トークでは誰に嫌われたのかという核心部分に。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「新・食わず嫌い王決定戦」出演時に大物芸能人(番組では伏字)に「アイツなんやねん」と言われて謝りに行った話、台本読みで漢字が読めなかった大物女優(同)に「バカ」と言ってしまった話に、ゲストも会場も驚きの声があがります。
「こんなに笑ってもらえちゃ」と、吉野も往年の毒舌キャラを復活させそうな勢いでした。


有吉から「最近ムカつく芸能人は?」の質問には「医者でタレントもしている」とかなり特定可能な人も。そんな吉野への禊(みそぎ)は、「かつて失礼な発言をした人に直接謝罪」。この模様は現在出演交渉中だそうで、近日公開......できるかも!? とのことです。


冒頭では「嫌われたくない」と殊勝な態度だった吉野でしたが、"ウケる"魔力に再び目覚めるか。芸能人の業を感じますね。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


★GYAO!にて"本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ