ここから本文です

「1億円のフェラーリをもらった」などこの頃セレブ発言が目立つグラビアアイドル・森下悠里。奔放な恋愛遍歴など、なんだか叶姉妹と似てきているような......?

サムネイル

倹約家からセレブへと一転した森下悠里



■セレブ生活のヒミツは大金持ちの友人

森下のターニングポイントといえば、昨年7月に放送された「有吉反省会」(日本テレビ系)。家賃40万円のマンションで暮らしていると語り、「デビュー当時の倹約家キャラは事務所の方針だった」と芸歴10年目にしてぶっちゃけた。

同番組で整形までカミングアウトしたことで、一躍脚光を浴びる存在となった森下は、「プライベートジェットでの海外旅行」や「誕生日パーティーはクラブを貸しきって数百人規模」、「パリス・ヒルトンの誕生日パーティーに行った」など華麗な逸話を数々披露。
2月4日に行われたイベントでも「日本で1台しかない1億円のフェラーリをプレゼントされた」とゴージャスすぎる過去を明かしたと報じられている。日刊ゲンダイのインタビューによると、セレブ生活の理由は投資家やホテル王といった大金持ちの友人が多いからだとか。

■無茶なプロフィールに疑惑の声

しかし、タレント・西川史子は昨年6月1日に放送された「有吉ジャポン」(TBS系)で、森下を「設定に無理がある」とバッサリ。セレブだけどキャバクラで働いていたという体験談に、「お金持ちの娘はキャバクラで働きませんから」とツッコんだ。

西川に限らずネット上でも"森下はセレブじゃない"疑惑は根強い。「キャラ変更が強引すぎ」「うさんくさい」といった批判の声が上がっている。

■ポスト叶姉妹として生き残り狙う?

ところで、このごろの森下悠里はなにかと通じるものがあるような......。そう、芸能界きってのセレブ・叶姉妹だ。セレブ自慢だけでなく、「30人以上の彼氏がいる」といった華やかな恋愛エピソードまで、お気に入りのグッドルッキングガイ(美男のこと)を取り巻きにする叶恭子を彷彿(ほうふつ)させる。

もし森下が叶姉妹のポジションを狙っているのだとしたら、彼女の発言の度に目くじら立てるほうが野暮(やぼ)というものだろう。確かに"マンガみたいなセレブキャラ"といったら芸能界では叶姉妹しかおらず、穴場といえば穴場の枠だ。

しかし、叶姉妹は、姉・恭子の浮世離れした発言に妹・美香が上品にツッコむという流れを確立していて意外とトーク巧者。また、恭子のポジティブな考え方を「かっこいい」と称賛するファンも多い。となると、トークのおかしな点を突かれてもまだ慌てて否定することしかできない森下には、今のところ少々高い目標と言えるだろうか。

突如セレブキャラを打ち出してきた森下は、今後どのように芸能界を渡っていくのか......。「有吉反省会」では、「今後のキャラ変更はない」と宣言していたが、果たして。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ