ここから本文です

美しさと人気はイコールではありません。芸能人にとって何より大事なのが"キャラ"。視聴者に一発で覚えてもらえるほどの強烈な個性......それは芸能人が何よりほしいもの......。

しかし、なかにはキャラ設定がぶっ飛びすぎていて、「後々きつくなるんじゃないか!?」と心配になってしまうような人も。おかしなキャラの芸能人をまとめました。

タレント・伊集院光は、昨年3月にTBSラジオ「月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」で、「重すぎるキャラを背負い込んで、売れた後に『これどうしよう......』みたいになってく」と指摘していましたが、果たして彼女たちの運命は!?

■"フレッシュレモンになりたい"AKB48・市川美織

サムネイル



キャッチフレーズは、「フレッシュレモンになりたいの~」、将来の夢は「レモンになって紅茶に浮くこと」、理想の男性は「グレープフルーツ」......、どこからツッコめばいいのかわからない不思議キャラの市川。
しかし、どんな質問にもレモンに絡めて切り返す手腕はお見事。小顔や石頭などレモン以外にも引き出しは多く、意外と一発屋では終わらせない? ちなみに"フレッシュレモン"は、アイドルの究極形を意味しているとか。

※有吉「こいつ超面白い」と太鼓判 不思議系レモンアイドルが話題>>

■"魔界天使"椎名ひかり

サムネイル


ギャル系雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)などで活躍するモデル兼アーティスト、"ぴかりん"こと椎名ひかりは、自称"魔界出身"。"魔界天使"を名乗り、血液として体に練乳が流れているそう。かわいいデーモン閣下といった感じのプロフィールです。
「魔界からやって来たとゆう設定」「血液に練乳が流れてる設定」と公式ブログなどで堂々と設定宣言しちゃっているのがポイント。言い切るのは恥ずかしいのかしら......?

■"ゾンビ"小明

サムネイル


グラビアアイドル・小明(あかり)は、厳しい芸能界をなんとか生き残ろうとするうちにキャラが迷走。エプロン着用の"エプドル"、アキバ系、仏像を愛する"仏ドル"を経て、気付けばゾンビメイクの"ゾンビアイドル"に......。
ゾンビというより、その実は"泣かず飛ばずの迷走気味グラドル"キャラなのかも。素顔はかわいいこととか連載いくつも抱えていること、知ってるんですからねッ!(でもやっぱりイベントのキャンセル人数が数十名なんて逸話を聞くとかわいそう)

■"芸能界イチのモテ女" 芹那

サムネイル


スラリとしたスタイルと甘~い声のギャップで、"芸能界イチのモテ女"と言われる芹那。本人もバラエティ番組で「あの芸人さんに口説かれた」と暴露し、モテっぷりを見せつけていました。
しかし、バカリズムや麒麟・川島明たち芹那に「口説かれた」とネタにされた芸人たちが「ウソだ」と抗議したことで、"モテ女"から一転してゴシップネタを言いふらす"キケン人物"として敬遠される存在に......。キャラがひとり歩きしすぎた結果、追い詰められてウソに走ってしまったのかもしれませんね。

■"セレブ" 森下悠里

サムネイル


グラビアアイドル・森下悠里は、なんと倹約家キャラからセレブへと180度転身!「倹約家キャラは事務所の方針だった」とぶっちゃけた後は、「プライベートジェットでの海外旅行」「数百人規模の誕生日パーティー」など華麗な逸話を数々披露。
「30人以上の彼氏がいる」など奔放な異性関係も相まって、どうも叶姉妹化が進んでいる!? 昨年7月に「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演した際は、伊集院光から「そのキャラはイバラの道」とツッコまれていました。

※1億円のフェラーリに、ボーイフレンドは30人......グラドル森下悠里の"叶姉妹化"が進む!?>>

■こりん星を卒業した小倉優子

こういった、"キャラやり過ぎ寸前"の芸能人たちを「イタい」「ウソつき」と批判する声もあります。ですが、某セレブ姉妹や某閣下に対して、そんな言葉を投げかける人がいたら野暮ってもんでしょう。そう、突き抜けてしまえばオンリーワンなんです。もっとも、それには設定を破綻させないための高いトーク力が要求されますが......。

"こりん星"の不思議ちゃんだった小倉優子は、「こりん星は卒業した」と宣言し、今ではすっかり立派なママタレント。キャラは知ってもらうための手段に過ぎないというのは合理的な考え方ですが、卒業宣言に「わかっていたけど言わないでほしかった!」とファンがショックを受けたのも事実。そう考えると、いつまでも「ぷんぷん!」とキャラを守り続けるさとう珠緒の姿は美しいですね。

変なキャラの芸能人たち。できれば、おかしなキャラのまま芸能界を歩み続けて!

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ