ここから本文です

バレンタインデーにチョコをもらった男性の皆さんにとっては、そろそろホワイトデーのお返しを考える時期。あれこれ考えるのが面倒だからといって適当なものを渡してしまうと、せっかくのお返しなのにかえって女性の心を傷つけるということもあるようです。
女性の皆さんに「ホワイトデーのお返しでもらってショックだったもの」について聞いてみました。

サムネイル

■お返しが「ハンカチ」その意味は?
「学生時代、当日付き合っていた彼氏からホワイトデーにハンカチをもらった。昔、親に『ハンカチの贈り物はさよならの意味』と言われたことを思い出して苦悩した」(30歳/事務)

 ホワイトデーでもらうハンカチは、一昔前なら「お別れ」を意味することがあったそう。勘違いされないためにも、好意を持っている女性にはハンカチを渡さないほうがよいかも?

■お返しはママの味
「本命チョコを渡した男の子からお返しにクッキーをもらった。しかし、彼のママの手作りクッキーということが発覚しドン引きした」(27歳/IT)

 ママの手作りをもらうと「ひょっとしてマザコン......?」と思ってしまうという声も。安いものでもいいから自分で買って渡しましょう。

■ブランド品だけど......
「旦那からのホワイトデーのお返しが、某ディスカウントストアの袋に入った高級ブランドの財布」(33歳/アパレル)

 できることなら正規店で買ってほしいのが女心かもしれません。

■まとめてお返し
「男性社員全員に義理チョコを渡したが、憧れの上司には日ごろの感謝を込めて高級チョコをプレゼント。でも、お返しは『女子社員みんなで分けてー』と一緒くたにされた」(28歳/証券)

 「お返しが面倒」という男性に多いのがこのパターン。義理チョコのお返しであっても、気を遣ったほうが女性からの好感度は上がるかも。

■重過ぎるお返し
「全く恋愛感情のない隣の席の男性社員に義理チョコを渡したところ、ホワイトデーに高級ディナーデートに誘われてしまった」(30歳/通信)

 こういった誤解を生まないためにも、渡す際に「義理」か「本命」かをはっきりと伝えないといけないのかも。


男性の知らないところで、女子はホワイトデーのお返しに対して一喜一憂しているよう。せめて好きな女性には、相手がよろこぶようなプレゼントを選びたいものですね。

(大井あゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ