ここから本文です

ニュースや流行、生活の雑学などを軽い調子で伝える情報バラエティ番組が氾濫しているとは度々指摘されていることだ。長寿番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の後番組も情報バラエティになると既に発表されているが、放送前から早くも「またこんな番組か」「同時間帯の『ヒルナンデス!』とかぶっているな」と嘆く声が上がっている。

どうしてこうも情報バラエティが増えているのか。お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明は、20日に放送されたTBSラジオ「木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき」で、その理由を「ディレクターの逃げ」と語った。

サムネイル



■面白くないディレクターが情報バラエティを作る!?

同番組では「クレーム上等スペシャル」として、おぎやはぎ・矢作兼が演じるクレーマーの要望に出演者たちが順々に対処していくという企画を行っていた。

クレーマー役の矢作は、「最近情報バラエティみたいな役に立つ番組が増えて、ただ単に面白い番組が減ってんだけどどうにかしろよ」「ただのバラエティが見たいんだよ」と訴える。

それに対する小木の返答は、「大変申しあげづらいんですけど......、ディレクターが育ってないんですよ」となんとも辛辣(しんらつ)なもの。一同は爆笑し、矢作まで思わず笑いを漏らす。

「情報を付けることは、逃げなんです」
「本当に面白いことができるディレクターは、10人いるかいないか」
「本当に面白いことができない、自信がない人たちが、情報バラエティといって逃げていくんですね」

とさらに続く毒舌に、クレーマー側が逆に「そんなこと言って大丈夫かよ」とヒヤヒヤしていた。

■真相は闇の中......だけど?

なお、小木はその後、身内の悪口を言うことで「そうかディレクターが悪いのか」と思わせる作戦だったと説明。真意ではないとフォローしていた。

果たして「情報バラエティが増えたのは、ディレクターの逃げ」説の真実のほどは。矢作はじめ出演者が笑っていたということは、多少なりとも的を射る部分もあったのかもしれない。

―ネット上では、

「楽な上にカラーを出しやすいんだろうな」
「情報番組なら情報番組、バラエティならバラエティにしてほしい」

という声が上がっている。
さらに、情報番組自体がいけないというより、逃げの姿勢が番組内容にも表れているということだろうか。「情報バラエティを作るにしても、惰性ではなくガチで作れ」といった批判も出ていた。

■おぎやはぎとナイナイの間に起きた偶然

ほかにも、博多大吉による「若手芸人を喋らせるよりも、ゆるキャラをイジるほうがマシな場合もある」という旨の発言など、テレビに関するアブない発言がなにかと多かった同番組の2月20日放送回には「神回」「ずっと笑ってた」など絶賛の声が寄せられている。

くしくも同時間帯に放送されていたニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」でも、「今のテレビのダメなところについて考える」と少々似通ったテーマを扱っていた。

比較的シリアスなトーンでテレビの未来について考えていたナインティナインに対して、茶化すような調子でテレビの裏事情を暴露していったおぎやはぎ。どちらが良いとは言えないが、なんともおぎやはぎらしいテレビへの姿勢と言えそうだ。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ