ここから本文です

よゐこ・濱口優とタレント・南明奈が交際を堂々宣言。それにしても、人気グラドル"アッキーナ"を射止めたのが濱口だとは......。24歳の南に対して濱口は42歳という、その差18歳のカップル。さらに濱口はとりたててイケメンというわけでもありません。

サムネイル

芸能界きってのモテ男・濱口(右)
よゐこ 公式サイトより


濱口はこれまでも倉科カナ内田有紀小倉優子上原さくら......といった芸能人と浮名を流しており、ネット上では「なんでこんなにモテるんだ」「理解できない」と不思議がる声が多く上がっています。

しかし、周囲の人々からすると濱口がモテるのは納得の出来事。芸能人仲間たちの証言を集めてみました。

■「女性の前でも変わらない」――加藤浩次 談

加藤は、濱口は女性グループのなかに1人混じって談笑していることが多いとコメント。異性相手だからと言って構えたりせず、普段と変わりなく話せることに感心していました。

■「恋愛が好き」――ナインティナイン・岡村隆史 談

岡村いわく、濱口は恋愛好きを公言しているそう。なんでも「年下の彼女に振り回されたい」願望を持っているとか。
恋愛好きだからこそ、小さなイザコザや相手のワガママも楽しめるということでしょうか。

■「女性がシャッターを下ろしていてもすぐ開けてしまう」――ナインティナイン・岡村隆史 談

こちらも岡村の証言。濱口が自然体だから女性も安心して心を開くと指摘しています。やはり、濱口のモテのキーワードは"ナチュラル"みたいですね。

■「癒やし系」――鈴木おさむ 談

かれこれ20年の付き合いだという放送作家・鈴木おさむから見るに、濱口は癒やし系。ただ優しくて癒やし系といっても、イヤなことはイヤだとハッキリしているそう。
いくら優しくてもこちらの言いなりというのでは、恋人も「自分の意思がないの?」と張り合いを感じなさそうですが、譲らない部分は譲らないからこそ普段の優しさがより輝くのかもしれません。


グイグイ引っ張ってくれる男性がモテると思われがちですが、やはり性別関係なく、恋人選びで大きな決め手となるのは"安心できる相手かどうか"。
とくに芸能界という厳しい世界で生きる女性にとっては、濱口のように癒やしを与えてくれる相手はなおさら魅力的に映るのかも。

カッコよくなるための努力はしているつもりだけど、なぜか恋人ができない......という男性は、ここはひとつ濱口に習って、癒やし系を目指してみてはいかがでしょうか?

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ