ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。3月2日の放送にはタレントの光上せあらとプロレスラーの高山善廣が登場しました。



■"第二の倖田來未"としてCDデビューも売上500枚に終わる


光上せあらは、もらった仕事をことごとく潰してしまったことを反省。光上は女性アイドルグループSDN48の元メンバーで、2012年に卒業。それ以前も"第二の倖田來未"としてCDデビューするなど歌手活動も行っていました。


また、大食い番組にチャレンジャーとして出演し、地方予選を突破して東京決戦まで進むなどアイドルタレントらしからぬ経歴をもっています。最近は某局の情報番組などで"ぶっちゃけキャラ"として重宝がられていました。


しかし......。


デビューCDは売上500枚、大食いは「女としてモテなかったらどうしよう」と気にして出演を辞退、SDNは解散、情報番組では女医のN女史に睨まれ......と、とにかく上手くいかないようです。


■光上を映す時間がもったいない!? 恒例の禊は「なし」に


トークでは「自分を深みのある人間にしたい」と話す光上だが、有吉は「飽きた」とバッサリのうえ、本気で相手にしたくないという態度アリアリ。スタジオでは本人が特技だという腹話術を実演しますが、有吉はじめスタジオ中がシーンとしたまま。バカリズムからは「ツッコんだら負けな気がする」と言われるほどのスルーぶりでした。


そして、光上を映す時間がもったいないとばかりに、恒例の禊(みそぎ)はなんとないことに! 有吉がどんな女性が嫌いなのかの一端がわかるほか、アイドルに厳しいと評判の有吉の"毒"全開の回となりました。


■"怖い顔"反省の高山に有吉、バカリズムが次々と失言


高山の反省は「マメにブログを更新しているものの、怖い顔のせいで楽しさが伝わっていないこと」。意外にも食べ物や家族のことなど"かわいい"題材でマメにブログを更新している高山。しかし、そこに写る高山の表情は試合中と同じ。たしかに怖い。


でも怖い顔はむしろメリットが多く、恐る恐る近づくファンにサインしてあげるだけで「いい人と思われる」と語ります。


有吉とのトークでは、セーラームーンやプリキュア観劇や子供時代の話など可愛らしさをアピールします。そんな怖い高山の顔についてバカリズムは、「フランケンシュタインみたいで切なさがある」とつい失言。有吉も「バケモンってやさしい」とつい口走ってしまい、高山の怒りを買います。


■禊では「草食系男子にイメチェン」、スタジオは大盛り上りに!


そんな高山の禊は「草食系男子にイメチェン」。そして番組の最後にその姿も披露しています。思いのほか爽やかな姿に、スタジオは大いに盛り上がります。


さらに今回は先週放送されたデューク更家の禊「1週間ダイエット」の模様も放送。ぽっちゃりしたデュークがどこまでダイエットできたか、その結果も発表されています。



有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


★GYAO!にて"本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ