ここから本文です

おしゃれなファッションアイテムをテレビや雑誌で紹介されるとつい欲しくなってしまいますが、なかには異性によく思われていないものもあるようです。20~30代の男女に、「もし恋人が着ていたら一緒に歩きたくない」と思うNGファッションを聞きました。

サムネイル

― まずは女性の皆さんによる「男性のNGファッション」をご紹介します。

■ナルシストっぽい
「つま先がとがりすぎている革靴。ホストとかギャル男っぽくて、チャラいイメージ」(23歳/アパレル)

「革パン(レザーパンツ)。バイクに乗らないなら着てほしくない」(27歳/教育)

「十字架のペンダント。信仰心があるなら別だけど......」(24歳/IT)

 いずれも「ナルシストっぽい」との理由からだそう。十字架のペンダントを身に付ける場合には、その由来まで考えたほうがいいかもしれません。

■清潔感がない
「よれよれのシャツ。アイロンをかけるか、クリーニングに出してほしい」(30歳/IT)

「毛玉の量がすごいニット。一体いつから着ているの......?」(24歳/IT)

 やはり清潔感は大事。手入れの行き届いたものを身に着けている人は、それだけで好印象な気がします。

■子どもみたいなファッション
「英字プリントの派手なトレーナー。いい年してお母さんに選んでもらってそうな印象がある」(28歳/美容)

「カジュアルシャツにネクタイ。おしゃれに目覚めた中学生っぽい」(25歳/IT)

 辛口なコメントが並びました。これが理解できない男性は、大人のファッションを学びなおす必要があるのかも?

―続いて、男性の皆さんによる「女性のNGファッション」をご紹介します。

■実用的だけどダサいファッション
「7分丈のレギンス。全然セクシーじゃないし、ふくらはぎが生々しい」(26歳/IT)

「トレンカ。足もとが中途半端。普通のタイツをはいてほしい」(30歳/広告)

「もこもこした毛皮のブーツ。ブロディ(プロレスラー)にしか見えない」(25歳/アパレル)

 かわいく見せたいのにプロレスラーに見られているとしたら、さすがにショックですよね......。

■みっともない露出
「胸元の開いたブラウス。胸を見たくもない人が着ている場合が多い」(27歳/アパレル)

「腰の浅いジーンズ。パンツが見えてもうれしくない」(24歳/IT)

 筆者(男)もなんとなく理解できます。セクシーとみっともなさは紙一重です。

■強そう......
「ブランドロゴが全面に配されたバッグ。特に若い人が持っていると、金遣いが荒そうだなと思ってしまう」(33歳/広告)

「夏場以外で付けるサングラス。セレブを気取っていて嫌」(24歳/金融)

「ヒョウ柄の服。強そうなので」(28歳/IT)

 男受けを狙うのであれば控えたほうがいいかもしれません。


同性目線ではおしゃれな服装でも、異性からすると「一緒に歩きたくない」と思われてしまうことも。自分の好きな服を着るのが一番ですが、たまには恋人の視線も気にしてあげてくださいね。

(鳥ささみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ