ここから本文です

アニメや漫画などの物語の舞台や、モデルとなった地を訪問する"聖地巡礼"とは、今ではすっかり有名な言葉。聖地巡礼による経済効果に注目する自治体も多く、最近では神奈川県が県内の聖地を紹介したガイドブック「かなもえ」を配布して話題になりました。

神奈川に限らず、今は47都道府県全てに聖地が存在しており、ネット上にはファン自作の聖地マップが飛び交っています。なかでも有名な聖地を集めました。

■「らき☆すた」鷲宮神社(埼玉県・久喜)

サムネイル

祭りの日はコスプレイヤーも参拝


公式サイト>>

人気キャラクターである双子の姉妹、柊かがみとつかさの実家・鷹宮神社のモデルがこちら。

鷲宮町商工会は、オリジナルグッズを制作したり、アニメ出演声優が登場するイベントを開催したりと"巡礼者"たちに好意的。結果、参拝客は激増し、漫画・アニメを用いた町おこし"萌えおこし"の代表的な成功例として注目を集めた。

アニメ版が放送終了して10年近くたつ今も人気は健在で、「らき☆すた」以外にも、さまざまな作品のキャラクターのイラストが描かれた絵馬が飾られている。"「らき☆すた」の聖地"であると同時に"オタクに優しい神社"としても愛されているようだ。

■「新世紀エヴァンゲリオン」芦ノ湖(神奈川・箱根)

サムネイル

公式サイト>>

エヴァの舞台である第3新東京市は、芦ノ湖周辺に位置する都市。エリア内に箱根湯本駅や仙石原高原など聖地は多々あるが、なかでも芦ノ湖は劇中最大の作戦"ヤシマ作戦"が実行された決戦地として知られる。

■「けいおん!」豊郷町立豊郷小学校・旧校舎(滋賀・豊郷)

サムネイル

公式サイト>>

主人公・平沢唯(ヒラサワ ユイ)が通う高校のモデルとなった旧校舎は毎週日曜にカフェ営業を行っており、まるで軽音部のメンバーたちとお茶を楽しんでいるような気分を味わえる。音楽室にはファンから寄贈されたグッズがたくさん!

■「美少女戦士セーラームーン」氷川神社(東京・麻布)

サムネイル

公式サイト>>

"セーラーマーズ"こと火野レイが巫女を務めるという設定で、劇中では火川神社の名前で登場。1990年代のアニメ放映当時はファンが押し寄せた、元祖・聖地とも呼べる場所。

■「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」旧秩父橋(埼玉・秩父)

サムネイル

公式サイト>>

オープニングやキービジュアルで使用されているスポット。幽霊のヒロイン"めんま"が欄干を歩く姿は印象的だったが、もちろん生身の人間がマネするのは危険。


ほかにも「ガールズ&パンツァー」の茨城・大洗町、「おねがい☆ティーチャー」の長野・大町なども人気。知らないだけで、もしかすると、あなたの家の近くにも有名な聖地があるのかも?

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ