ここから本文です

千葉県流山市が、自分が恋愛中であることを証明する"恋届"を受け付け中。告白予定日や出会いの場所を記入する斬新な届出に関心が集まっている。

サムネイル



■法的な効力はないけれど......

流山市は、映画「百瀬、こっちを向いて。」(2014年5月10日公開)にロケ地として協力したことを記念し、また映画のテーマである"若者が恋をする気持ち"に賛同して、恋届の企画を開始。受付は、映画の公式サイトや流山市役所のマーケティング課で行われている。

記入事項は、自分の名前のほかに、「恋人、または恋人にしたい相手の氏名」、「相手は恋人と認めているかどうか」、「(相手が認めていない・わからない場合)告白予定日」、「出会いの場所」、「出会いの日時」、「初恋か既恋か」など。

あくまで恋する気持ちを受け付けるための企画であって、この届けを自分の代わりに相手に郵送してくれる......などのサービスは行っていないそう。もちろん法的な効力もない。

■恋のお相手は誰でもOK

同企画は2月14日から行われていたのだが、3月10日、NHKにニュースとして取り上げられたことで、たちまち話題に。

― 流山市マーケティング課に問い合わせてみた

ネット上では、「好きな漫画・アニメのキャラクターや芸能人の名前で届けても良いのか」という部分に注目されているが......。

なんと「大丈夫です」との答え! どんな相手の名前を記入しても構わないそうだ。

NHKの報道によると、同企画には、少子化対策にもつながればとの思いが込められているという。少子化を食い止めるかはいささか疑問だが、町おこし、そして映画の宣伝としては大成功だろう。「恋届」は3月10日のYahoo!検索データの急上昇ワードにもランクインしている。

恋届の受け付けは、5月30日までを予定。
・詳細はコチラ>>
・「恋届」受付フォームはコチラ>>

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ