ここから本文です

「女性はドラマみたいにロマンティックなシチュエーションが大好き」......と思いきや、現代はそうでもない!? 女性のプロポーズされたい場所ランキングが少々意外な結果となっている。

サムネイル

■夜景よりもうれしいのは......

ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセルは、首都圏・関西在住の20歳から37歳の独身である男女1400名(有効回答は女性897名、男性500名の計1397名)を対象に「プロポーズしたい場所・されたい場所」についてアンケートを実施。

男女総合1位に輝いたのは"自宅(家)"で、男女別の支持率を見ていくと、男性の7.8%に対し女性は14.5%で、女性から2倍近い支持を得ている。

サムネイル

アンケート結果(全体)


女性ランキングでも"自宅(家)"14.5%は、2位の"夜景がキレイな場所"の9.4%と比べて圧倒的。"海が見える場所""夜景がキレイな場所""おしゃれなレストラン"がトップ3という男性ランキングのほうが、乙女チックな印象を受ける。

サムネイル
サムネイル

■自宅プロポーズに憧れる女性たち

では、女性はシチュエーションを重視しないのかといえば、それは違う。ネット上で披露されている自宅プロポーズ妄想にはこんなものがあった。

・「一緒にテレビを見ているときにサラッと言われたい」
・「2人で料理をしていて、具を何入れるか話してるときに『それじゃ籍でも入れるか』って!」
・「ロマンティックなのもいいけど、何気ない瞬間に不意打ちで言われたい」

どうやら「場所なんてどうでもいいからプロポーズは家で適当に」というのではなく、家には家の憧れるシチュエーションがある模様。飾らない関係に憧れを感じるからこその、自宅プロポーズ希望のようだ。

「彼女のためにロマンティックなプロポーズをしよう!」と張り切っても、お互いが想像する"ロマンティックなシチュエーション"にはズレがあるかもしれない。ただドラマや映画のマネをするのでなく、自分の恋人はどんなタイプなのか改めて見つめなおすことが大切だ。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ