ここから本文です

男性が得意になって語る武勇伝。「またこの話か......」と思っても、相手の機嫌を損ねたくはないし、我慢して聞いてあげる場合も多いですよね。口には出していないけど、正直「もう聞き飽きた」と思う男の武勇伝について、20~30代の女性150名に聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■モテるんだぜ?

「何人に告白されたとか、何人をフッたとかの話」(33歳)

「昔のモテ自慢とか経験人数などを得意げに話す男性。とりあえず笑っておく」(29歳)

「合コンでのお持ち帰りネタ。つまらないのでふーんと答えるだけ」(29歳)

 ひょっとすると「そんなにモテたんだ、かっこいい!」という反応を求めているのかもしれませんが、他人の"モテ自慢"ほどつまらない話はありません。「そんなにモテそうかな~」と同意を求めてきたら、最悪です。

■昔はワルだったんだぜ?

「昔はよくケンカした、などの悪かったアピール」(28歳)

「学生時代にやんちゃしていた的な話。とりあえず驚くフリをする」(32歳)

 弱いやつほどよく吠(ほ)える、とも言います。「昔はワルかった」と自慢げに話す人ほど、当時は中途半端なワルだったりして?

■仕事できるんだぜ?

「『俺ってさー、こういう男じゃん?』から始まる仕事自慢。『ふーん』としか反応ができない」(27歳)

「大きな金額の取引をした話を何度もする(当然、会社のもの)。『さすが~』『すご~い』と言っておく」(38歳)

「バブルのころの景気の良かったがゆえの投資話。『へぇ、すごいですねー』と一応誉めておく」(36歳)

 男性の立場からすれば、やはり"仕事ができる人"だと思われたいでしょう。でも昔の実績や同じ話を何度もする人は、あまり仕事ができる人には見えませんよね......。

■グローバルな人間なんだぜ?

「語学もできないのにバックパッカーで旅行をした話。あるとき、『もうその話何回も聞いた』と言ってしまった」(36歳)

「一人で海外旅行に行きまくっていて(実際は一度か、二度)、世界は俺の庭だ的な発言。痛すぎました」(26歳)

 経験豊富な人の話は聞いていて面白いですが、格好を付けるためだけであれば興ざめです。

■その他......

「知り合いに有名人がいるという話。その有名人を知らないふりをして恥をかかせる」(30歳)

「釣り好きな男性の『こんな大きな魚釣ったんだぜ!』という話」(29歳)

 知り合いの名前を出して自分のすごさをアピールしようとする人、確かにいますよね。でも「大きな魚」の話は、個人的には許してあげてほしいです......!


多くの女性は、男性の武勇伝・自慢話を聞くのが面倒くさいながらも、なにかしらリアクションを返してあげている様子。男性の皆さんは、そんな女性の反応を見極めて、ときには語りたい気持ちを堪える必要がありそうです。

(鳥ささみ+プレスラボ)

調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年1月22日~1月23日
対象:全国の20~39歳までの女性有職者150人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ