ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。3月23日の放送では女優の春馬ゆかりと杉浦幸が"反省"しました。



■"バスタオルを巻かない"温泉レポートで話題の木村多江似 女優


春馬ゆかりと聞いてピンと来る人は、なかなかの芸能界通かもしれません。彼女は女優としてよりも、早朝に放送されている温泉紹介番組のリポーターとして知られる"湯けむり女優"なのです。
木村多江系の和顔美人ですが、なんと入浴シーンで撮影用のバスタオルを巻かないで全裸で臨んだことが話題となり、一部に熱狂的なファンがいるほどです。


そんな春馬は、「温泉レポートばかりをやっていて女優業をまったくやっていないこと」を反省します。


訪れた温泉は200ヵ所以上、「温泉ソムリエ」など温泉関連の資格までもっている彼女。温泉イベントにも呼ばれたりと大活躍ですが、肝心の映画やドラマ出演は昨年、1本もなかったとのこと。そう話しながら眉間にシワを寄せるとさらに木村多江っぽくなります。


■大久保とのセクシー対決、軍配があがったのは?


有吉とのトークでは、自身を「バスタオル出身」だと言い、「服を着てると何をしゃべっていいのかわからない」と、初出演のバラエティにちょっと緊張気味。
しかし、スタジオに温泉セットが用意され、バスタオル姿になって温泉レポートを実演すると空気が一変。


スタジオからは「エロい」「艶っぽい」との声。カメラを見据えたキメ顔では拍手も起こり、有吉からは「お湯が見えた!」と絶賛されます。


そこで今回反省見届人として出演している大久保佳代子が、春馬に対抗して温泉レポートに挑戦。結果は......まあ言わなくてもわかりますね。春馬は今年の1月に結婚したそうで、これからは"人妻の色気"も温泉レポートに加わりそうです。

■プロ雀士になっていた杉浦幸、麻雀を熱く語るが......


1985年にドラマ「ヤヌスの鏡」でデビュー、清純派アイドルとしても活躍した杉浦幸ですが、なんと3年前に女流プロ雀士となっていたとのこと。反省も、元アイドルなのにプロ雀士になってしまったことです。


雀歴は20年。もちろんプロですから麻雀を打つ姿も決まっています。トークでも麻雀について熱く語る杉浦。しかし有吉はじめスタジオでは麻雀に詳しい人がいないのか、話が空転気味。そう、シュシュについて熱く語る伊藤かずえの回(2月23日放送分)のような空回り具合です。40代女優に共通するKYさなのでしょうか。


■有吉「麻雀してないときは?」、杉浦「パチンコ」


有吉に「麻雀してないときは?」と聞かれると、杉浦は「パチンコかな......」と回答。「競馬は?」には「やめました」。......あの清純派アイドルは、もういないようです。


そんな杉浦の禊は、「プロフィールの肩書きを『女優』から『女流雀士』に変更する」。女優が雀士やっているのではなく、いまや雀士が女優をやっているということのようです。


また、先週のてんちむの禊「渋谷の掃除」の模様も放送されました。スッピンで大奮闘している様子を観ることができました。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


★GYAO!にて"本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ