ここから本文です

「こんな恋人が欲しい」「恋人にはこうであってほしい」などの希望があったとしても、現実は理想通りにはいかないことがほとんど。しかし頭では理解していても、「ここだけは譲れない!」という部分ってあるものです。
20~30代の男女300名に、恋人に求めることをアンケートで聞いてみました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■連絡の量

「電話は毎日してほしい」(岡山・28歳/女性)

「メールでいいので『おはよう』を言い合いたいです」(東京・26歳/女性)

「メールはなるべく早く返信してほしい」(神奈川・30歳/男性)

 連絡の頻度で愛の大きさが決まるわけではないですが、お互いが居心地の良い連絡の内容や頻度を心がけたいですね。

■隠し事はなし

「うそや隠し事はしないでほしい」(東京・39歳/男性)

「お互い信用が第一なので、人の携帯や財布をみない」(千葉・39歳/女性)

 うそがなく、100%信頼し合える関係は理想です。

■浮気は絶対NG!

「他の異性と一対一では会わないでほしい」(大阪・26歳/男性)

「浮気はするな」(神奈川・39歳/男性)

 何を「浮気」と捉えるかは人それぞれですが、相手の心を傷つけ信頼をなくす行為はNGです。

■男を立てること

「外出時は多めに金額を出すので、必ずありがとうと言ってほしい」(兵庫・26歳/男性)

「男を立てること!」(大阪・39歳/男性)

 「基本的に車の運転は自分」(岐阜・37歳/男性)という、こだわり(?)を持った意見も。男性のプライドを立てることや、感謝の気持ちを伝えることは大切ですね。

■干渉しすぎないこと

「一人の時間を許してもらうこと」(新潟・37歳/女性)

「たまには全く連絡しなくても許してほしい」(埼玉・23歳/男性)

「忙しいときは理解してほしい」(広島・33歳/男性)

「束縛しないでほしい。自分の時間を大事にしたいので」(秋田・25歳/女性)

 忙しい毎日を過ごす中、つかの間の自分の時間を過ごすことに幸せを感じる人は多いはず。

■生活に関すること

「トイレのふたは閉めてほしい」(東京・28歳/女性)

「部屋はきれいにしてほしい」(神奈川・24歳/女性)

「歯磨きをしないことなど、不潔な生活」(東京・33歳/女性)

「部屋着以外でベッドに入らないでほしい」(兵庫・39歳/女性)

 ささいなことに思えますが、生活にまつわる価値観の違いの蓄積がストレスの原因になることも。

■お金に関すること

「自分より収入が上であること」(東京・28歳/女性)

「ワリカンは嫌」(神奈川・28歳/女性)

「ギャンブルをする人は嫌」(広島・35歳/女性)

 金銭感覚が合わないことは、カップル・夫婦のけんかの大きな原因のひとつです。

■歩み寄る気持ちがあること

「相手の気持ちになって考えてほしい」(神奈川・30歳/女性)

「価値観、趣味が違っていても、理解しようと努力すること」(福岡・28歳/女性)

 自分の価値観だけを押し付けず、思いやりを持って接したいですね。


他人から見て「それぐらい......」ということでも、本人にとっては絶対譲れない条件であることも。どのような条件でも、無理に押し付けたり強要したりすることなく、自分たちなりのお付き合いの形を作っていきたいですね。

(桜まゆみ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年12月9日~12月11日
対象:全国の20~39歳までの男女有職者300人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ