ここから本文です

どうにも人と話すのが苦手。初対面の相手はとにかく緊張してしまう。本当は仲良くなりたいのに......!
そんな人は、"盛り上がる会話"をひとまずあきらめて、まずは印象を良くすることに徹しましょう。「悪い人ではなさそうだな」と思ってもらえれば、会話のチャンスなんて後からいくらでもやってきます!

サムネイル

第一印象を良くするには? チェックすべきポイントをまとめました。

■その服と髪型でOK?

まずは最低限の身だしなみ。それができていなければ、誰も近寄ってきてくれません。
色あせたり生地がのびてきたりした服は捨てる、髪は定期的に切るなど手入れをしましょう。これだけでも守るように。

■口角、上がっている?

「笑顔が大事」というのはわかるけれど、なんでもない会話で満面の笑みなのは不自然だし、相手も不気味なんじゃ......。
そう心配になってしまうなら、せめて口角を意識。口角がキュッと軽く上がっているだけでも、だいぶ明るい印象をもたれます。

■話すスピードは大丈夫?

早口で話されると萎縮してしまうという人は案外多いもの。
「小気味良い感じがする」とプラスに受け取ってくれる場合もあるでしょうが、相手が好む会話のテンポがわからない間柄では、ゆっくりと話すようにしたほうが無難です。

■質問責めにしていない?

「会話を続けるためには質問するのがいいんだ!」と意気込んだ結果、一問一答の質問責めにしてしまった......というのはよくある失敗。
質問をするなら、"この質問から話題が広がるか?"ということに注意が必要で、あくまで話題作りのためのキッカケです。

■相づちにプラスアルファを

相手の話をしっかり聞くことはもちろん、「私はあなたの話を聞いていますよ」というサインを送ることも重要。
具体的には、話の腰を折らない程度に相手の発言を繰り返したり、相づちに一言感想を付け加えてみたりしましょう。


とにかく大事なのは、相手の気持ちを想像するということ。ひとりよがりに話さず、「相手も楽しめているか?」と気遣う気持ちは、きっと伝わるはず。

「面白い人だと思われたい」「カッコイイ人だと思われたい」なんて上を目指すのは後。まずは「この人は悪い人ではなさそうだな」と思ってもらうことを目標に頑張りましょう。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ