ここから本文です

どこかに楽しいことはないかな......。
新しくなにかを始めたい人の参考に。趣味があれば生活も明るく変わる! ちょっと変わった趣味を紹介します。

サムネイル

■風景印集め

風景印とは、全国各地の郵便局に配備されている記念印のこと。図柄はさまざまで、その土地にちなんだものがモチーフとなっている。
例えば円谷プロダクションの創設者・円谷英二監督の出身地である福島県須賀川市に配備されたものはウルトラマンがあしらわれているなど、デザインには遊び心たっぷり。

50円以上の切手を貼った台紙、もしくは50円はがきを用意すれば窓口で押してもらえる。また、郵便で押印依頼をすることも可能。

■地図

地図にまつわる趣味はいろいろ。変わった地名を探しながら眺めるのが好きな人もいれば、昔と今の地図を並べてその変化を探るのが好きな人もいる。
意外と多いのが、"架空の場所の地図を作る"のが楽しい派。「アウト×デラックス」(フジテレビ系)などへのテレビ出演経験もある"地理人" 今和泉隆行さんは、数十年描き続けているという空想都市・中村市の地図をサイト上で公開。なんと市内にある企業のロゴまで作っているそう!

■アリの飼育

小学校の自由研究で経験のある人も多いのでは? 巣穴を掘っていく様子も楽しいが、最大の見所はアリたちの社会生活。アリ同士が協力しあって卵や幼虫の世話をする姿は、相手が昆虫といえど感慨深いものがある。

また、女王のためにせっせと働くところや、アリたちの間で働きぶりに差があるところなども面白い。さしずめケースの中で展開される寓話(ぐうわ)といったところか。大人になってからのほうが魅力を味わい尽くせる趣味かも?

■献血

献血ルームには無料のおやつや飲み物、マンガが用意されていて意外と快適というのは有名だが、それ以外の楽しみどころもあるらしい。

実は献血カードを持てば献血回数がカウントされ、10回、30回、50回に到達すると記念にそれぞれ色の違うおちょこがもらえる、という表彰制度がある。献血愛好家の間では、「何色のおちょこを持っているか」がステータスになるんだとか。また、マスコット"けんけつちゃん"のグッズやアニメのポスターなどの粗品コレクターも多い。


自分が普段どんなことに興味を持っているのか。些細(ささい)なことでもよーく思い返してみれば、それが新しい趣味への扉となりそうですね。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ