ここから本文です

ついに社会人デビュー! 新しい世界へ飛び込むことに不安を覚える新卒の皆さん。「新入社員であってもこれはできていてほしい」という、先輩たちの赤裸々な本音をまとめました。

サムネイル

■電話が取れる

新入りは電話をいち早く取るのも仕事のうち。我先にという姿勢は見ていて好ましいものです。
ですが、応対の仕方がトンチンカンだと周りも段々「とらなくていいから!」という心境に。大事な取引先とトラブルなんて起こされた日には大変です。
書類の書き方やオフィスソフトの使い方などより早く覚えてほしいのは、敬語をはじめとした電話の取り方かも。

■できないことを自覚する

サークルやゼミで"デキる"ほうだったからといって、会社でも通用するとは限りません。学生のときは一大事だった他団体とのアポ取りや打ち合わせ。社会人はそんなの毎日やっているんだということを肝に銘じておきましょう。
わからないことは素直に聞く、ささいなことでもメモをとる。謙虚なくらいがかわいがられそうです。

■仕事の話をもらさない

あの有名人と一緒に仕事をすることに。ああっ、誰かに自慢したい!
自然な感情ではありますが、だからといって発表前の情報などをもらしてしまうのは厳禁。発覚した場合、賠償問題に発展する可能性も。
「ちょっと匂わすだけでも......」「友達にだけ......」なんて甘い考えはNG。秘密を守れない人だと一度思われてしまったら、挽回は難しいですよ!

■自分から動く

「指示待ちになるな。自分から動け」とはよく言いますが、勝手なことをすると叱られる。結局どうすればいいの!?

新入社員が抱えるこのジレンマ。でも、ちょっと待って。考えてみると、「自分から動く」のと「勝手なことをする」のはイコールではありません。上司が注意するのは後者。わかってないのに自分の判断で行動してしまった場合です。
新入社員なら、できる仕事が少ないのは当然。でも「『コピーだろうが掃除だろうが自分ができることはなんでもやる』という気概は見せてほしい」という意味を込めての「自分から動け」なのでしょう。


社会人として求められることはたくさんありますが、なにはともあれ一番大事なのは"やる気""元気"! 失敗することもあるでしょう。落ち込みすぎず、社会人生活を明るく楽しめるのがベストです。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ