ここから本文です

俳優・坂上忍が4月7日、「笑っていいとも!」の後番組「バイキング」(フジテレビ系)で初のMCに挑戦。月曜レギュラーとして番組初登場だったにも関わらず、終始酔ったままという暴走ぶりだった。しかし、ネット上ではそんな坂上の奔放さを称賛する声が上がっている。

サムネイル

奔放MCが好評な坂上忍
公式ブログより


■酔っぱらいMC、出演者に絡む絡む......

オープニングから不機嫌そうな表情の坂上を他の出演者たちは「笑顔!」とたしなめたが、態度は変わらず。むしろ「どうやって司会ってやればいいの?」「台本通りのこと俺に絶対言わないで」といきなりやりたい放題の発言を繰り出し、タジタジにさせた。

ハマカーン・浜谷健司がメイク室で坂上へのあいさつを無視されたことを暴露すると、坂上は「言われる前に言っとくけど俺、今、酔ってる」と告白。演出した舞台の千秋楽の打ち上げが朝まで続いたそうだ。

その後も坂上の仕切りに助言しようとした浜谷を「本気で怒るよ」とにらみつけたかと思うと、タレント・ホラン千秋に「タイプなの」とほほ笑みかけて「本当にお酒抜けてないんですね」とあきれられるなど、とにかく気まま。

さらに、浜谷から「同じく月曜レギュラーの俳優・野々村真は坂上の"友達枠"として採用された」といううわさの真偽を尋ねられると、「1人ぐらい友達ほしいじゃん」とあっさり肯定。ここまでが番組開始5分までの出来事だというからオドロキである。

ゲストでやってきた船橋の非公認ゆるキャラ・ふなっしーに対しては、「事務作業のときもその格好?」「中に扇風機とかないの?」と"中身"について激しく追求。「休みがない」という悩みには「辞めちまえ」と身もふたもない答えを返した。

■酔っぱらいMCは生放送ならではのハプニング?

終始自由な坂上のMCだったが、ネット上では「最高」と絶賛の嵐。
「生放送らしいドタバタ」「ハラハラするのが逆に良い」といった感想が寄せられており、なかには「月曜が一番面白い」という声も。

ところで、「いいとも」には、生放送ならではの伝説が数多く存在する。不審人物がステージに乱入したり、明石家さんまと小説家・有吉佐和子が口論を始めたり、間違い電話をかけられた一般人が「テレフォンショッキング」に出演したり......。

普通ならありえないようなトラブルも「いいとも」はハプニングを楽しむ姿勢でエンターテインメントに昇華してきた。タモリだって二日酔いで「いいとも」に出演した過去がある。

そう考えると、現在もっとも「いいとも」精神を引き継いでいるといえるのは、酔っぱらいMCを生かした月曜「バイキング」ということになるのか......。

なお、坂上は「来週は多分シラフ」と番組ラストで宣言。来週、シラフの坂上のMCはいかに。それとも来週も酔っての出演となるか。期待は高まる。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ