ここから本文です

「恋愛と結婚は違う」「好きなだけじゃ結婚はできない」などの結婚にまつわる格言。では、結婚において一番重用視すべきポイントは何なのでしょうか。
20~30代の男女300名に、重要視する結婚相手のポイントとその理由を聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■経済面

「経済力。お金があれば困らないし、ないに越したことはないし。お金でギスギスしたくないから」(29歳・女性/東京)

「金銭感覚が似ていること。浪費家だと生活できない」(35歳・男性/東京)

「経済力があるか。自分は結婚したら仕事をやめて家庭に専念する気でいるため、自分が仕事をしなくてもいいくらいの経済力がある相手ではないと厳しいと思うから」(23歳・女性/福岡)

「経済力と浮気をしないことが一番だと思う。子どもを育てるにはお金が必要なので、経済力は必要。子どもにふびんな思いをさせたくない」(37歳・女性/北海道)

 ダントツで多かった回答がお金についての問題。愛だけでは乗り越えられないのが現実ですね。

■性格

「合うか合わないかで結婚関係が左右される」(27歳・男性/岩手)

「内面。長く一緒にいるので」(25歳・男性/兵庫)

「性格。その人の性格で仕事や人間関係、生活が決まっていくと思うから」(37歳・女性/埼玉)

「穏やかな性格かどうか。後からどうにもならないものだから」(33歳・女性/東京)

 性格はなかなか変わらないもの。逆に、性格に問題がない相手なら、お金や子どものことで問題が発生しても、きちんと向き合って解決してくれそうですね。

■外見

「顔。見てるだけで幸せを感じられる」(28歳・男性/山口)

「見た目。特に髪型。髪フェチなので......」(29歳・男性/静岡)

「顔。美人はいくら見ていても飽きないから」(36歳・男性/神奈川)

「外見と身長」(23歳・女性/鹿児島)

 中身が大事という人がいる一方、外見主義の人もいるよう。顔だってほとんどの場合「一生変わらないもの」ですからね。

■フィーリング

「一緒にいて安心できるかどうか」(28歳・男性/神奈川)

「気が合うことと、互いの前で素でいられること。ずっと生活する上で、これができないと続かないので」(35歳・女性/東京)

「空気のような存在になりうること。いつも一緒にいたいから」(36歳・男性/山梨)

「性格がのんびりしている自分のリズムと合わないと、一緒に生活できない」(29歳・男性/大阪)

 いくら性格が良くても、それが自分もの性格と合わなければ一緒に生活をするのは難しいですよね。

■家事能力

「家庭的かどうか。家庭的でないとお互いの親ともうまくいかない」(37歳・男性/鹿児島)

「家事全般ができるかどうか」(35歳・男性/神奈川)

「家庭愛があり、料理ができる人」(39歳・男性/北海道)

「家庭的であるかどうか。家事を一緒にやってほしいから」(24歳・女性/神奈川)

 男性だけでなく、女性も同じことを思っているよう。共働き夫婦が増えている昨今では、女性が男性に「家庭的かどうか」を求めることもありそうです。

■価値観

「価値観や生活観が合うかどうか」(25歳・女性/東京)

「価値観が同じ。そこがずれていると、お互いに我慢しないと生活が成り立たず、一緒にいても疲れてしまう」(36歳・女性/埼玉)

「価値観が合うか。相手への尊敬と笑えるポイントや楽しめるポイントが似ていることが大事」(34歳・男性/神奈川)

 芸能人が離婚したときに聞くことも多い「価値観の違い」という理由。結婚前にしっかりお互いの価値観についてチェックしておきたいところです。


他人同士だった二人が家族になる結婚。きっと、一緒に生活していく上では譲れないことや我慢すべきこともあるでしょう。結婚願望がある方は、相手が一番自分に求めていることを把握してから、結婚へのステップを進めてくださいね。

(姫野ケイ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年1月22日~1月23日
対象:全国の20~39歳までの男女有職者300人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ