ここから本文です

「結婚は人生の墓場」という言葉もありますが、本当のところはどうなのでしょう? ここはぜひとも結婚の現実をのぞいてみたいところです。
社会人の既婚男女176名に結婚をして良かったか、良くなかったかを聞きました。

サムネイル

Q.既婚者の方に質問です。結婚してよかったですか?
良かった......77%
良くなかった......23%

 なんと、7割以上の既婚者が「良かった」と回答。「結婚は人生の墓場」という言葉から考えると、墓場の居心地は案外良かったということでしょうか。それぞれの理由を紹介します。

 ―まずは「良かった」と回答した方から

■安心感
「精神的に安定した」(熊本・59歳/男性)
「一人より心強い」(東京・67歳/男性)
「朝起きたとき、人がいるという安心感」(東京・34歳/女性)
「一人じゃないと思える」(愛知・33歳/女性)

 精神的なものに加えて特に女性は、家に誰かがいるというのは防犯面において安心ですよね。一方、男性は年齢を重ねた後に安心感を得る人が多いようです。

■家族のつながりを持てた
「家族ができ、楽しみが増えた」(新潟・52歳/男性)
「絆を実感できる」(福岡・42歳/男性)
「一緒にテレビをみて盛り上がったり、家で一緒に笑いながら食事をしたりしているとき」(静岡・34歳/女性)
「喜怒哀楽を共有でき、家族になった感じがあるから」(北海道・28歳/男性)

 結婚によって恋人から家族へ。ドキドキ感はなくなるかもしれませんが、和やかさを得ることができれば、家庭が何よりの癒やしになるのかもしれませんね。

■子ども
「子どもを生んで育ててくれた」(愛知・59歳/男性)
「子ども。とにかくかわいい」(群馬・36歳/男性)
「子どもの成長」(山梨・51歳/男性)
「子どもと楽しい時間を過ごしたとき」(千葉・47歳/男性)

 やはり、「子はかすがい」。子どものことを思うと、つまらないことで夫婦げんかなんてしていられなさそうです。

■老後がさみしくない
「歳をとって一人でいるのはさみしいのでは」(東京・72歳/男性)
「一人ではないから。老後に一人はさみしい。子どもがいることも大きい」(北海道・50歳/男性)

 仕事を退職し、時間がたっぷりある老後に一人でいると、さみしいだけでなく、体調を崩したときに不安に襲われそうです。

 ―続いて、結婚を「良くなかった」と思っている皆さんの意見を紹介します。

■結婚相手からダメージを受けた
「配偶者の心無い言動に耐えられないとき」(熊本・48歳/男性)
「暴力をふるわれたこと。離婚しました」(熊本・49歳/女性)

 暴力を振るう人は癖のように何度も繰り返してしまいます。言葉の暴力も含め、相手を傷つけるような人と結婚する前に、DVらしき言動がないか見抜きたいところ。

■価値観・お金の感覚の違い
「育った環境が違いすぎた。夫が妻を『もらった』ものと考えているらしく、自分の親の介護にこき使う。揚げ句、私の実の親が倒れたとき『面倒を見たい』と言うと『許さない』と言われた」(東京・56歳/女性)
「けんかしたとき。考え方の相違があると気づいて」(広島・71歳/男性)
「妻の金遣いが荒い」(福井・65歳/男性)
「理想と現実が違いすぎた。結婚して間もないのに、義実家同居がつらかった」(千葉・36歳/女性)

 結婚は赤の他人と生活すること。価値観の違いは覚悟しておかねばなりませんね。

■自由がない
「束縛される。意志を通すのが難しい」(北海道・44歳/女性)
「一人のほうが自由」(静岡・女性/67歳)
「夫婦であっても他人とずっと一緒は自分には向いていない」(滋賀・32歳/男性)

 結婚すれば、お金においても時間においても制限されてしまうもの。それが嫌という人は結婚すると多少我慢しなければいけないことが出てきそうです。

■家庭に協力的でない
「感謝の足りない人と一緒になってしまった。わがまますぎる。思いやりがない。自分の事で精一杯。情けない」(新潟・51歳/女性)
「家政婦になった気分」(埼玉・29歳/女性)
「稼ぎはあるのに生活費はほんの少ししか入れず、妻に働かせ自分は遊ぶ」(神奈川・63歳/女性)
「働かない、子育て手伝わない、ギャンブルしか興味ない」(鹿児島・28歳/女性)

 女性からは「相手が家庭に協力的ではなかった」という意見が。家で家事をするものだと思っている古風な考えの男性だと、現代女性は苦労することもありそうです。


アンケートの結果、「結婚は良くなかった」と答えた23%のうち、女性の比率が59%にも上りました。しかし、多くの方が結婚をして良かったと回答した今回の調査から、結婚したくなった方もいるのでは? 結婚するのであれば、お互いを助け合える温かい家庭を目指したいものですね。

(姫野ケイ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年2月25日~2月26日
対象:全国の15~99歳までの男女300人(うち男性150人、女性150人)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ