ここから本文です

異性と付き合う上で、相手との年齢差を気にすることも。数歳の差なら問題なさそうですが、その差が「10歳オーバー」となれば困ることも出てきそう。
10歳差以上の年の差交際をした経験のある方に、「年の差が原因で困ったこと」を聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■体力面で困った
「私の方が15歳下で、最初は彼氏も私に合わせてくれた。ただ、冬に毎週スノボに行ったり、頻繁に夜更かししたりするうちに、徐々に彼が私の若さについてこれなくなった」(20歳/女性)

 15歳差はさすがにエネルギーに隔たりがありそう。特に夜更かしの頻度は、20代と30代で大きく変わる気がします。

■将来設計で困った
「付き合い始めてすぐに、年上の彼が海外へ単身赴任。『一緒に行こう』と言われたが、まだ20代前半だった自分はさすがについていく勇気がなかった」(50歳/女性)

 彼のことを嫌いになったわけでなく、年齢や海外赴任という状況変化が2人の関係を終わらせたんですね......。さぞ別れはつらかったと思います。

■世間の反応に困った
「昨年まで30代後半の彼氏がいた。お互いの間では年の差は問題ないのだが、周りの人に『どういうご関係?』という目で見られるのがつらかった。交際していると言うと大抵驚かれたが、会う人会う人にそのくだりを繰り返すのが面倒だった」(25歳/女性)

 毎回同じようなパターンになってしまうということですね。まさしく「恋人と年が離れていて、何か困ったことはないですか?」と常に聞かれていたかもしれません。

■相手の対応に不満
「20代の時に40歳の男性と付き合った。最初は大人の男性にリードされる感じが楽しかったが、付き合いが続くと自分が本気で相手にされていないことにイライラしてきた。どんな話をしても上から目線で、まともに話し合ってくれることさえなかったので」(42歳/女性)

 年上の人がリードするのはいいのですが、やり過ぎると逆効果。バランスは大切です。

■将来が見えて困った
「結婚を考えたとき、将来は確実に年上の彼が先に死ぬか、介護が必要になる。そう思ったら、関係を進展させる勇気がなくなってしまった」(54歳/女性)

 今はよくても、将来を俯瞰(ふかん)すると厳しい見方も出てきますよね。こればかりは避けられない問題かもしれません。

■親の反対で困った
「20代後半で付き合った40代の男性。私も彼も結婚を考えていたが、とにかく親の反対がすごかった。年齢差がどうこうというより、『40代で独身ということは、何か問題があるのでは......』という根本的な疑いを持っていたよう」(30歳/女性)

 回答者は結局、その男性とは結婚しなかったとのこと。年の差結婚には、周囲の反対が高確率で付いてきてしまうのでしょうか......。


2人の間に起きる問題から、周囲の目や反対など、年の差恋愛で困る要素はいろいろなところにありそう。これらのハードルを乗り越えるのは、簡単ではないかもしれません。とはいえ、すべて乗り越えたカップルの関係性は、かなり強固といえそうな気もします。

(有井太郎+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年2月25日~2月26日
対象:全国の15~99歳までの男女300人(うち男性150人、女性150人)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ