ここから本文です

愛するパートナーに浮気をされたら、誰でも腹が立つもの。「仕返しをしなきゃ気が済まない!」という人も多いのではないでしょうか。実際に浮気をされたことがある人に、そのとき実行した胸がスッとする浮気の制裁方法を聞きました。

サムネイル

■みんなの前で「公約」
「彼氏が浮気したとき。渋谷の駅前広場で土下座させ、『俺が好きなのはお前だけだ』と叫んでもらった」(26歳/女性)

「本人に反省文を書かせ、Facebookで公開させた。『いいね!』がいっぱいついてた」(23歳/女性)

「浮気相手が旦那と同じ職場だったので、旦那の上司に全て伝え、部署異動のお願いをしました。結局異動までは至らなかったけど、その後すぐに浮気相手が転職したので、いい気味だった。もちろん慰謝料も請求しました」(29歳/女性)

 第三者に知らせることで自分の味方を増やし、社会的な制裁もくわえるこの方法。なかなか効きそうです......。

■貢いでもらう
「女友達との温泉旅行代を全額出してもらった。たっぷりぜいたくさせてもらいました」(32歳/女性)

「彼が大事にしていた(おそらく浮気相手も乗せていた)バイクを売らせて、全て私のエステ代にした」(24歳/女性)

 浮気をした事実は消せなくても、ペナルティとしてお金の痛手を負わせることで相手への戒めにはなりそうです。

■一風変わった仕返しも
「タンスの中の旦那の下着を全て捨て、わざと子どもっぽいキャラクターのパンツに換えておいた」(27歳/女性)

 精神的にきつい制裁です。果たして旦那さんはそれを履いて行ったのでしょうか?

「彼の家の風呂釜いっぱいにわかめと豆腐のみそ汁を作った。それ以来会っていません」(25歳/女性)

 なんともオリジナリティのある制裁! これは掃除が大変そうです......。


カップルの数だけ制裁方法もさまざま。すぐに別れることを考えず、彼の浮気を弱みとして利用するのも、賢い女の生き方かもしれません。とはいえ、「仕返しに浮気」など、不毛な行動は取らないようにしましょうね!

(サカイエヒタ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ