ここから本文です

日本では当たり前でも、外国から見ると「!?」と仰天する出来事はたくさん。
「電車の時刻が正確」「自販機が多い」などはよく聞きますが、他には一体どんなものがあるのでしょう? 例えば......、

サムネイル

■路上でティッシュがタダでもらえる

駅前で配られているティッシュ。正直うっとうしく感じることもありますが、外国人にとってはビックリ。「ティッシュを無料でくれるなんて気前が良い!」と感じるそう。

■自転車が多い

国によっては、自転車は「子供が乗るもの」「レクリエーションで乗るもの」というイメージ。大人が移動手段として普通に使っていることを不思議に感じるとか。結構便利ですよね~!

■ハンカチを持ち歩いている

日本では、大人も子供もハンカチを持ち歩くのがマナー。ただ、実は世界的には結構珍しい習慣なんです。
ちなみに欧米では「ハンカチは手をふくものではなく鼻をかむもの」のイメージが強いんですって。

■裏ピース

若い女性たちの間では定番のポーズとなった、手のひら側を自分に向けたピース、通称"裏ピース"は海外でやると危険!? 
イギリスなどの国では侮辱を意味するハンドサインなんです。

■立体駐車場

狭い国だからこそのアイデア? まるで塔のような建物に、エレベーターで車が収められている......。
立体駐車場を撮影したYouTube上の動画には、「カッコイイ!」という称賛が英語で寄せられています。言われてみれば確かにSFっぽいかも。



■お風呂のお湯が共有

外国ではシャワーが主流。
日本人としては「浴槽につかるのは気持ちいいのに」なんて余計なお世話を焼きたくなってしまいますが、銭湯や温泉など日本の"お湯共有文化"を不潔に感じるという意見も!
な、なんかそう言われたらちょっと気になってきた......。

もちろん、"外国"と一口に言ってもいろいろ。これらの習慣が普通という国もあります。
ギョッとするような文化の違いを「受け入れられない」と拒絶するのでなくポジティブに楽しむことができたなら、自分の世界も広がりそうです。

参照元:新宿区ホームページラングリッチ公式ブログ知らないと大変なことに?まだまだある世界の変な常識日本テレビ系「DON!」公式サイト

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ