ここから本文です

大人気コミック『進撃の巨人』が三浦春馬主演で実写化することが発表されました。撮影は、"廃虚の聖地"とも言われる「軍艦島」。軍艦島ってよく名前は耳にするけど、なんなのかよくわからない、という人も多いのでは?

サムネイル

■海底炭鉱で栄えた人工島

軍艦島は、長崎県長崎市の中心から南西約19km先の海上にある無人島「端島(はしま)」の通称です。大きさは北に約480メートル、東西に約160メートルで、南北に細長い形となっています。堤防に囲まれた島全体の面積は6.3ヘクタール。しかし、これは6回にわたる埋め立て工事によって拡張されたもので、本来の端島は現在の約3分の1ほどの面積だったと言われています。

もともと小さな炭鉱だった軍艦島は、1900年代に入ると海底炭鉱産業の発展とともにその規模を大きくしてゆきます。労働者用の集合住宅ができ、その家族のための施設も整備されると、「長崎本土よりも都会」とも言われるほど繁栄しました。
昭和35年の最盛時には住人が5000人を超え、「人口密度世界一」だったと言われています。軍艦島は、炭鉱に住宅、学校、派出所、病院、地下商店街、映画館までもがそろった海上産業都市だったのです。

サムネイル

■なんで軍艦島と呼ばれているの?

端島が「軍艦島」という通称で呼ばれ始めたのが、1921年(大正10年)頃で、当時建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ているということから「軍艦島」の通称が用いられるようになりました。

しかしその後、1960年頃から炭鉱産業自体が徐々に衰退していきます。そして、1974年(昭和49年)1月15日に閉山。閉山時には約2000人の住民が島を離れ、それ以降の軍艦島は立ち入りを禁止された無人島となりました。

サムネイル
サムネイル

■世界遺産への登録運動も開始された廃虚の聖地

軍艦島が再び脚光を浴びるようになったのは2005年。長らく禁止されていた島内への立ち入りが、報道関係者限定で許可がおり、各メディアで報道されました。30年近くも人間の手を離れていた軍艦島の朽ちていく姿が廃虚マニアの心をつかんだのでしょう。その規模とあいまって「廃虚の聖地」と呼ばれる人気となったのです。

2006年には、経済産業省が明治期の産業施設を地域の観光資源としようと世界遺産への登録を支援することを決定。最近では整備された見学通路に限り、観光客が上陸・見学できるようにもなりました。軍艦島周遊・上陸ツアーなんてものまであります。

貴重な産業遺跡ですので、廃虚マニアはもちろん、マニアでなくても巨人に壊されてしまう前に見ておいてもいいかもしれませんね。

(文/浅井英彦@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ