ここから本文です

秋葉原の小さなライブカフェから誕生したアイドルグループが5月6日、日本武道館での公演を成功させた。彼女たちの名前はでんぱ組.inc。今最も勢いのあるアイドルグループのひとつだ。

サムネイル



――業界人たちも注目

日本武道館での単独公演「ワールドワイド☆でんぱツアー2014 in 日本武道館 ~夢で終わらんよっ!~」には、人気バンド・Base Ball Bearの小出祐介、お笑いコンビ・しずるの村上純やアニメ監督・水島精二氏といった有名人も訪れた。

なんとSKE48・乃木坂46兼任の松井玲奈も「でんぱ組の武道館いきたかったぁぉぁぁぁぁぁぁぁ」とTwitterに投稿していて、どうやらファンである模様。

――業界人も惹(ひ)きつける「でんぱ組.inc」とは、どんなグループなのか?

でんぱ組.incは、秋葉原のライブカフェ&バー・秋葉原ディアステージ(以下、ディアステ)の従業員で結成されたグループで2008年に活動を開始。数回のメンバーチェンジを経て、現在は6人で活動中......なのだが、全員どうも過去につらい経験があるようで......。彼女たちのプロフィールを紹介しよう。

■古川未鈴(ふるかわ・みりん)

サムネイル

担当色は赤。唯一のオリジナルメンバーでセンター。「アイドルになって見返す」という執念で進んできた元いじめられっ子。
愛称は、みりんちゃん。

■相沢梨紗(あいざわ・りさ)

サムネイル

担当色は白。リーダー。大の声優ファンで、ラジオばかり聞いていたせいで友達がいなかった。
愛称は、りさちー。

■夢眠ねむ(ゆめみ・ねむ)

サムネイル

担当色はミントグリーン。美術家を目指していたが、美大入学まもなく絶望。やぶれかぶれになっていた。
愛称は、ねむきゅん。

■成瀬瑛美(なるせ・えいみ)

サムネイル

担当色は黄色。小さな頃からオタクだったが、出身の福島ではアニメの放送が少なく、長年フラストレーションをためていた。
愛称は、えいたそ、えいちゃん。

■最上もが(もがみ・もが)

サムネイル

担当色は紫。元ひきこもり。ひきこもり期間中はパソコンを3台使ってネットゲームをしていた。
愛称は、もがちゃん。

■藤咲彩音(ふじさき・あやね)

サムネイル

担当色は青。1歳の頃からコスプレイヤーとして活動しているが、執拗(しつよう)なアンチに悩まされてもいた。
愛称は、ピンキー。

――マイナスからのスタート

ライター・吉田豪氏は、でんぱ組.incを「スクールカースト最下層からの逆襲」と表現する

その通り、でんぱ組.incのメンバーはクラスで浮いていたようなオタクばかりで、自己紹介ソング「W.W.D」では、それぞれのつらい経験を赤裸々に告白。その上で「マイナスからのスタート」とうたっている。

YouTubeにアップされた同曲のMVには、

「すごく勇気もらえる」
「泣きそうになった」
「これを聞くと元気になれる」

といったコメントが寄せられている。

後ろ暗い過去をもつオタク女子たちがアイドルとして走り続ける姿は、人々の共感を呼んでいるようだ。

武道館公演で、古川は「もっともっと上にいきたいと思います!」と宣言していた。また、2015年のホールツアー開催も決定。

まだ「知る人ぞ知る......」という部分が強いでんぱ組.incだが、確実に勢いは増している。イタいオタク女子たちが、このままどこまで上り詰めるのか。期待は高まるばかりだ。

参照元:『でんぱブック でんぱ組.inc』(マーキー・インコーポレイティド)、『月刊でんぱ組.inc×米原康正』(イーネット・フロンティア)

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ