ここから本文です

大好きな彼女を自分の両親に紹介するとなったら、誰もが「両親にも彼女を気に入ってもらいたい」と思うもの。しかし、彼女の言動によっては、両親との初対面の場が一気に険悪ムードになることもありえます。男性の皆さんに、「親に紹介するとき彼女にやめてほしいこと」を聞きました。

サムネイル

■服装
 「高級ブランドバッグやジュエリー、時計を身につけてきた彼女。ごくごく庶民なうちの両親には『お金がかかる女』に見えてしまった」(32歳/教育)

オシャレの一環でブランド品を身につけるのは個人の趣味ですが、「うちの息子に貢がせているのでは......」という誤解を招く可能性もあるのかも。

■呼び名
「僕のことを日ごろから『お前』と呼ぶ彼女。僕は別に平気なのだが、僕の両親の前で『お前』と呼ばれるかも、と思うとゾッとする」(29歳/人材)

 「お前」と呼ばれる以外でも「両親の前で彼女がつけたニックネームで呼ぶのもやめてほしい」という声も。

■いちゃいちゃすること
「両親が見ている前なのに『いつも通り手をつないでほしい』という彼女」(25歳/IT)

 両親の前でも「普段通りの二人でいたい」という思いからの発言なのかもしれませんが、いちゃいちゃするのは二人でいるときだけにしてほしいですね。

■初対面なのに......
「結婚前提で付き合っている彼女と僕の両親が初めて顔を合わせた際、彼女が『結婚したら両親と同居は嫌』『両親の介護もしない』と面と向かって言った。悲しそうな両親の表情を見て心が痛くなった」(30歳/食品)

 結婚するにあたって同居や介護の問題は避けられない問題できちんと話し合う必要があります。しかし、「初対面の場で話す必要はない」「大事な話だけど、順序も大事」といった男性の意見が多く寄せられました。

■自分の両親や兄弟姉妹の悪口を言う
「彼女が『うちの両親は稼ぎが悪い』『兄弟は大した学校を出ていない』など自分の家族の悪口ばかり言ったこと。聞いていて気分が悪くなった」(35歳/公務員)

 彼女としては謙遜したつもりなのかもしれませんが、彼氏の両親からは「結婚して家族になったら自分たちもこうやって悪口を言われるのかも」と思われるかもしれません。

■手土産なし&母親の手伝いをしない
「昔、兄が連れてきた彼女は、お菓子とワインを手土産に持ってきて、母親が料理を作ると『手伝います』と台所へ行っていた。それが普通だと思っていたが、自分の彼女は手土産もなく、母親が料理を作っている間もずっとリビングで座ったまま。父親相手に気の利いた話をするわけでもなく、ずっと黙ったまま......。両親からどう見えているんだろうと思った」(28歳/自動車)

 知らない間に兄弟の彼女と比べられている場合も。家へおじゃまするときはできれば手土産を用意するか、不安な場合は「お兄さんの彼女が家に来たときはどんなだった?」と聞いておいた方が良さそうです。


彼女を両親に紹介する際は、自分だけでなく両親だって「どんな子なんだろう」と緊張するもの。想像から遠くかけ離れた女性が来ると、うちの息子は大丈夫? なんて思ってしまいそうです。彼氏の両親に会うときは、いつも以上に「どう見られるか」を意識したいですね。

(大井あゆみ+ブレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ