ここから本文です

髪の気が薄くなってきたことに、彼氏自身が気づいていないとき。極めてデリケートな話題のため、なかなか指摘しづらいですよね。彼女としての人間力が試されるこんな局面で、世の女性たちはどう乗り切るのでしょうか。20~30代の女性に聞きました。

サムネイル

■枕を見て抜け毛を指摘
「彼氏が使っている枕を見て、あるいはお風呂の排水溝を掃除してるときに『こんなに毛が抜けてるよ』と言う」(28歳/女性)

 髪の毛がたくさん抜けているという事実を、彼氏に知ってもらう方法です。個人的には現実を直視したくないがため「君のじゃないの?」なんて言ってしまいそう......。

■何気なく頭を触った折に
「改めて『最近毛が薄くなってきたよね......』とか言うと深刻な感じになってしまうので、つとめて軽い感じで、たとえば髪を触った拍子かなんかに『ここめっちゃ薄くなってるよ。大丈夫?』みたいな感じで聞きます」(23歳/女性)

 頭頂部が薄くなってきても自分では気づきにくいもの。残酷なようですが、やはり伝えるのも優しさのうちでしょうか。

■言わない
「本人がすでに気にしていることかもしれないので、私は言いません。傷口をえぐるようでかわいそうな気がする」(24歳/女性)

 進行していく薄毛を見守る、温かい母性を感じます。

■架空の友達の話をする
「『そういえば、友達が最近抜け毛に悩んでるみたいなんだよね』みたいな感じで、抜け毛に話題を持っていく。彼氏の髪は大丈夫なのかってとこに話題をシフトしていくのが狙い。それでも気がつかないようなら、また別の方法を考えます」(33歳/女性)

 「あくまで友達の話で、私はあなたの髪が薄いなんて思ってないんだからね!」という作戦。伝えにくい事柄を伝えるとき、架空の友達の話をするのは有効です。

■写真を撮りまくる
「『新しいカメラアプリをダウンロードしたんだ』と、とりあえず写真を撮りたくて仕方がない女子を演じ、写真を撮りまくる。そこに彼氏の後頭部とかをさりげなく何枚か写しといて、それをあとで見てもらう」(30歳/女性)

 客観的に頭を見てもらう良い方法。一言も「毛」などと口にしないで済むのがポイントでしょうか。

■単刀直入に言う
「彼氏からあらかじめ『自分の髪が薄くなってきたらすぐ教えてほしい』と頼まれているので、もし発見したら『最近、髪が薄くなってきたかも』と言います」(25歳/女性)

 彼氏の方からそう言われていたら、伝えるのもいくぶん気が楽そうです。また、そう言われていなくても、単刀直入に言った方が、男性側の傷が少なくて済む場合もありそう。


調査をしていて意外だったのは、わりとサバサバした性格の女性でも、彼氏の薄毛を指摘するにあたってはかなりの気遣いを見せることでした。やはりそれだけないがしろにできない、難しい問題なのですね。

(武藤弘樹+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ