ここから本文です

多くの人が使っているLINE。スタンプを使ったり、気の合う仲間同士でグループを作ったりと、楽しいですよね。しかし便利な反面、面倒な事態に陥ってしまうことも。例えば、親しくない異性や面倒な人から長引きそうなメッセージが来たとき。返事をするのはおっくうだし、かといって「既読」と通知されてしまっているため無視するのもはばかられるし......。皆さんはそんなとき、どのような対応をしているのでしょうか。20代の女性に聞きました。

サムネイル

■忙しい、用事があるアピール
「次の日早朝から仕事があることをはっきり伝えます。同じように仕事をしている男性ならわかってくれるんじゃないかと思うので」(29歳/会社員)

「『今、友達と買い物来てるんだ~』と暇じゃないことをアピールする。普通それなら邪魔しちゃ悪いかなとか気を使ってくれるはず。それでも『なに買うの~?』とかダラダラ話を続けようとする男は心底腹が立つ。こっちはそれどころじゃないんだよ!」(22歳/学生)

 忙しいことをにおわせて伝えて終わらせるパターンですね。それでも食いついて来る場合はさすがに無視しちゃってもよさそうです。

■返すのに困る言葉で終わらせる
「面倒になったら『へえ~』とか『まじか!』をとりあえず連発しとく。あとは『(笑)』か『!』を乱用しとけば大抵どうにかなる」(23歳/会社員)

「今までの経験上、『イエー!』とか『ヒュゥ!』とか効果音みたいな事ばかり言ってると、逆に向こうから無視される気がします......(苦笑)」(20歳/学生)

 向こうが返事しづらい言葉で終わらせるやり方。しかし空気の読めない異性の中にはこの無意味なメッセージを「親しい仲のなれ合い」と勘違いしてしまう人もいるので要注意です。

■既読をつけない派
「忙しくてすぐに返せないときや返事を保留にしたいときは、既読を付けずに寝ているフリをする。けど、メッセージ内容が気になる場合は、既読を付けない裏ワザを使ってメッセージを読むこともある」(30歳/主婦)

「しつこい深夜のメッセージは無視して、朝になってから既読をつけるようにします。大抵相手も夜のテンションがおさまっているので楽です」(20歳/専門学生)

 既読をつけずに沈黙を続けるタイプ。うっかりTwitterやFacebookなどを使って、起きていることがバレてしまいませんように。

■困ったときのスタンプ頼み
「次会ったとき気まずくなるのは嫌だから、不自然な既読スルーはしたくない。軽いメッセージを送り合った後に手を振るスタンプとかを送ると、自然に終われる気がする」(20歳/学生)

「『おやすみ~』と送り、布団に入るスタンプで終わらせます。まあ、ぜんぜん起きてるんですけど」(26歳/会社員)

 困ったときに使えるのがやはりスタンプ。しかしちょっと変わった有料スタンプやシュールな使い方をすると「なんだよそのスタンプwww」という返事が返ってきてしまうなど最悪の流れになりますので、無難な無料スタンプで終わらせましょう。

■そこまでやるか? 上級者編
「他の男の子に送り間違えたフリをして、『コイツ、リアルタイムで他の男ともやりとりしてやがる!』と他の男の影を匂わせた事がありました」(26歳/フリーター)

「『今から彼氏とエッチするから、ごめんね~』って送ると、確実に沈黙が訪れる」(21歳/学生)

 確かに返事は返ってこなさそうですが、大事な何かを失ってしまいそうです。


これを読んだ男子、自分にも思い当たる節はありませんか? 引き際が潔い男がかっこいいのはリアルでもLINEでも同じ。情けないダラダラメッセージはやめておきましょう!

(サカイエヒタ/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ